シドニー・エリアの不動産価格

不動産のプロに聞く 豪州不動産事情

第75回
シドニー・エリアの不動産価格

シドニーの不動産価格は全ての地域で下落しており、一部の地域の住宅価格は年間10%以上下落しています。シドニーの戸建て中央値が2018年6月までに1年で4.5%下落し、戸建て価格は、世界的な金融危機以降、最大の落ち込みを記録しました。ドメイン・グループ(Domain Group)による今年6月の住宅価格レポートによると、17年6月に119万8,456ドルだった一戸建ての中央値は、18年7月現在114万4,217ドル、ユニットの中央値は3.5%低下して73万7,080ドルとなり、06年以来最も急激な年間減少率となりました。

アッパー・ノース・ショアの戸建ては、中央値が年間で12.2%下落し、23万ドルという最大の価値低下を記録しました。インナー・ウエストでは、前年同期比で11.4%の下落、同四半期比で5.6%の下落があり、4月~6月の約3カ月だけで8.0%と大幅な下落がありました。ダーリングハーストの4ベッドルーム・テラス・ハウスでは、17年10月に350万ドルでオークションに出たものの、現在はその後の市場価格に合わせて売値が300万ドルとなっています。

一方で、インナー・シティーやイースト・エリアの150万~300万ドルのアパートメントは、大きな家を売り払ったダウンサイザーに依然として人気が高く、売れ行きは好調に推移していると言われており、同エリアの価格の下落は1.1%にとどまっています。その他、戸建てほどの大幅な下落はないものの、サウス・エリアでは6.7%、ノーザン・ビーチでは5.7%の下落となりました。セントラル・コーストは、グレーター・シドニー(Greater Sydney)の地域で唯一、年間不動産価格の上昇が続いているエリアとなっています。

現在、シドニーの物件価格は16年末の水準に戻ってきており、この1年の価格の下落は、ファースト・ホーム・バイヤーにとっては、良いニュースとも言えます。

■シドニーの不動産中央値の変遷
Change to median property prices across Sydney

戸建て(House) アパートメント(Apartment)
同四半期比 前年同期比 同四半期比 前年同期比
セントラル・コースト 0.0% 1.6% 1.6% 4.7%
サウス・ウエスト -0.3% -2.5% -4.9% -5.3%
ローワー・ノース・ショア -7.2% -4.9% -7.7% -5.4%
ウエスト -1.9% -5.1% -4.3% -2.6%
カンタベリー・バンクスタウン -2.6% -5.6% -3.6% -5.3%
シティー&イースト -8.0% -8.0% 0.0% -1.1%
ノーザン・ビーチ -7.0% -8.1% -1.1% -5.7%
ノース・ウエスト -1.2% -8.2% -1.9% -3.0%
サウス -4.0% -8.9% -2.7% -6.7%
インナー・ウエスト -5.6% -11.4% 0.0% -4.9%
アッパー・ノース・ショア -5.7% -12.2% 3.1% -1.3%

Source: Domain June Quarter 2018 House Price Report.


スターツ・インターナショナル・オーストラリア
取締役シドニー支店長
寺田環

NSW州不動産業者免許(フル・ライセンス)所持

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る