法律相談室/セクシャル・ハラスメント

知ってると知らないでは大違い!

日豪プレス 法律相談室

 

第6回

セクシャル・ハラスメント

今月は、セクシャル・ハラスメントに関する日本とオーストラリアでの判例をご紹介します。

まずは、2015年2月26日に日本の最高裁が下した「言葉のセクハラ」に対する判決です。

大阪のとある会社で課長代理を務めていた男性2人が、部下である20〜30歳の女性スタッフに対して「結婚もせんでこんな所で何してんの、親泣くで」「夜の仕事とかせえへんのか?」といった悪質な発言を繰り返したり、時折、職場で露骨な性的話題を口にしたりしていました。それを受けて女性スタッフの1人がその会社を退職してしまうという結果に。会社側は男性2人を「30日間と10日間の出勤停止処分+係長に降格」としましたが、2人は処分無効を求めて訴えを起こしました。

最高裁は、さまざまな言葉のセクハラが1年余り続いたことを指摘した上で、会社の処分を妥当と判断。また、判決では2人について「強い不快感や嫌悪感、屈辱感を与え、執務環境を著しく害した」「課長代理としての責務に反して、非常に不適切な行為をした」と述べています。こうした最高裁の判決からも、体への接触の有無にかかわらず、性的な言動で相手を不快にさせてはならない、ということは明らかです。

次にオーストラリアでのケースです。オーストラリアでは性差別禁止法によって、会社や教育機関、物品・サービス・宿泊施設提供などのあらゆる場面において、相手に性的嫌がらせをすることを禁止しています。

14年8月、豪州連邦裁判所は、会社内ではなく、従業員が仕事関係で出向いた先で起こしたセクハラについても、雇用主(会社)に責任があるという判断を下し、その結果、セクハラ被害にあった女性は、賠償金としておよそ50万ドルを受け取りました。

この判決では、加害者である男性スタッフが正社員ではなく、エージェントを通して雇われた契約社員であったことに加えて、通常の勤務時間や勤務地以外で起こった従業員(契約社員を含む)のセクハラ行為にまで、雇用主の責任の範囲が及ぶとの判断が注目されました。

日豪でのセクハラ加害者への処罰は同一ではありませんが、起きてはいけないという事実には変わりありません。オーストラリアにおいて、会社でセクハラ被害にあっていると感じた場合は、躊躇せずに社内の担当者に報告、あるいは「Australian Human Rights Commission」や弁護士に相談しましょう。また、上記判例の通り、従業員によるセクハラ訴訟では会社側も大きな損害を被る場合がありますので、経営者はモラルある職場環境作りを常に心がける必要があるでしょう。


長谷川由貴
豪州弁護士。QLD大学法学部・文学部(犯罪学専攻)卒。MBA法律事務所で、事故に遭われた人やその家族に対し、法的サポートを提供している。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る