投資はプロジェクトなのである

夢をかなえる豊かな明日への投資術

第31回 投資はプロジェクトなのである


文=諸星きぼう

皆さんは、投資をどのように行っているでしょうか?儲かりそうだと思った金融商品などに、その時投資するお金があるからという理由で散発的にお金を投じているのが実状ではないでしょうか?特に事業家の人で、事業がある程度うまくいき資金に余裕ができたからといった理由で、「投資でもしてみるかー」と投資を行う人をたくさん見かけます。そういった投資で短期的にはともかく長期的にうまくいっている人を見たことがありません。

何が間違っているのでしょうか?それは、投資を行うプロセスを踏んでいないということです。

まず行うべきは、ゴールの決定です。つまり「いつまでに、どれだけの資産を作るのか」という目標を決めることが必要なのです。

このゴールは、夢や人生の目標を実現するための“お金面での裏付け”である必要があります。消極的なゴールではありますが、老後資金のためというゴールもよいです。「儲かればよい」とか「増えれば増えるほどよい」と考えて投資すると、ほとんど失敗します。よしんば、たまたま、うまくいったとしても、それは単発的なことでその後の失敗で、元の木阿弥となるのが落ちでしょう。

投資は、このゴールに到達するための息の長いプロジェクトとして取り組むべきものなのです。事業を行う時、必ずプロジェクトとして取り組み、その工程をマネジメントし進めていきますよね。

投資となると、なぜ単発的になるのでしょうか?投資も事業と同じ、プロジェクトとして取り組むことにより成功の可能性が高まるのです。

この投資をプロジェクトとするステップは以下のようなものです。

(1)ゴール設定
(2)課題の抽出
(3)プランニング
(4)ポートフォリオの構築
(5)オペレーション
(6)ポートフォリオ・マネジメント
(7)結果=成功

順を追って説明していきましょう。

(1)ゴールの設定は、いつまでに(期間)、どれだけ(結果)の資産を構築するかというゴールの設定に加え、具体的にどのように進捗していくかということまでイメージすることが大事です。

(2)ゴールに到達するために必要な課題や実現に向けてのハードルをすべて抽出していきます。知識面、感情面、行動面からの課題や制約条件なども明確にしていきます。

(3)課題が抽出できたら、その課題を解決していく計画と投資プロセスに沿った投資計画を立てます。紙面の都合上詳細は省きますが、世界観に基づく相場予測を立て、その予測に即した投資戦略を練り、投資ツールのリスク分析を行った上で決定し、投資タイミングを計り、投資を実行するという、投資の実行までに踏んでいくべき投資プロセスがあります。ここでは、投資プロセスを具体的に実行する計画を立てます。

(4)ここでようやく、ポートフォリオの構成、つまり保有する資産の構成を考えることになります。この時、どんな資産(WHAT)をどのくらいの割合(HOW MATCH)で、どんなタイミング(WHEN)で、どこ(WHERE)で、そしてどのような戦術(HOW)で保有するのかまで詳細に計画します。

(5)上記ができれば後は実行するのみであり、実行できれば70%はもう成功していると言えるでしょう。ただ実際には、計画通りに行かないこともあるでしょう。世界の動きが予想通りにならないことや予測が外れることもあるかもしれません。いや、もしかしたら外れることの方が多いかもしれません。しかし、心配は無用です。

(6)上記のために、ポートフォリオ・マネジメントがあるのです。定期的にポートフォリオを評価し、計画通りにいっていない場合は、その原因を探ります。その原因は、選択した資産の誤りであることもあるでしょうし、戦略の間違いかもしれません。また、予測が外れているのかもしれません。そこで投資プロセス全体を再検討します。その上で、リバランス、つまり資産構成の変更を行います。この(5)の工程を繰り返しながら(7)結果へ進んでいくことになります。

これが投資のすべてです。事業をしっかりプロジェクト・マネジメントされている人なら当たり前のことと感じられたはずです。この当たり前のことを投資でも行う必要があるのです。

当社インベストメント・サロンでは、投資をプロジェクトとして行うための知識を「インベストメント・サロン投資学校」にてサポートし、プロジェクトを具体的に実行していくサポートを「プロジェクト2020」で行っております。「天は自らを助くものを助く」と言われるように、投資というものは他人に頼って行うものではなく、自らの力で行っていくものだと私は考えています。

【最新ワード解説】
ポートフォリオ・マネジメント
資産運用の配分を考える時、投資案件を個別に評価するのではなく、その集合全体(ポートフォリオ)としてのバランスを考慮に入れて分析・検討を行い、合理的な取捨選択・優先順位を導き出して、最適な投資意思決定を図るマネジメント手法のこと。

■投資について聞いてみよう!
「投資といっても何から始めていいか分からない」「不況の時でもお金を増やす方法ってあるの?」「オーストラリアならではの賢い投資法は?」など、投資に関する素朴な疑問から具体的なテクニックまで、諸星きぼう氏に聞いてみたい質問を募集いたします。以下のアドレスまでご応募ください。応募Email: nichigopress@gmail.com 件名:諸星氏への質問

著者プロフィル もろぼしきぼう

投資教育家。(社)証券アナリスト協会検定会員。1988年東京大学経済学部卒。メガバンク、外資系銀行時代は東京、ロンドンでデリバティブ・トレーディングを実践。独立後、日本人の金融リテラシー向上のため投資家教育を行っている。現在、賢明な投資家の集まりであるインベストメント・サロン(http://www.ideal-japan.com/)を運営、投資アドバイスを行っている。著書に『お金は週末に殖やしなさい』(2010/10)、『大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術』2009/3)。オフィシャル・サイト: www.ideal-japan.com ブログ「自由人ダンとオーストラリア」: ameblo.jp/daichi-megumi ブログ「諸星きぼうの豊かに生きるための思考法」: daichi-megumi.blogspot.com Facebook: www.facebook.com/#!/kibo.moroboshi

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る