スーパーアニュエーション・ステートメント

オーストラリアの金融事情

オーストラリアの金融事情

宇都 重信
Uto Insurance & Financial Services P/C ACN No. 051 973 105

スーパーアニュエーション・ステートメント

6月締めのスーパーアニュエーションのステートメントがそろそろお手元に届くころです。既に受け取られた方もいるでしょう。

サブプライム問題に端を発した世界的な経済危機を乗り越えてきた金融市場は、2009年3月を底に今年4月までかなり回復してきました。あいにく4月以降6月末まではヨーロッパの金融不安でまた下げに入り、7月には上昇、現在8月中旬時点ではアメリカ経済のデフレ懸念、および中国の金融引き締めによる経済成長の鈍化で市場は下げに入り不安定な状況にあります。

こうした中、皆さんのステートメントに現れている残高もレポートの作成期日により変わり、額を見ただけでは誤解するかもしれませんので注意してください。

多くの人が、スーパーの運用先をバランスド・ファンドという安全型と株や不動産など成長型と半々に分けて運用しています。これを例にしますと、今年1月以降半年では市場は下げているので、「また下がっている」と思うかもしれませんが、がっかりしないでください。1年前と比べると残高は増えているはずです。

ただし、昨年大きく下がった際に運用先を安全型に変更し、今年に入って市場が回復したからと元に戻された人が一部に見られますが、多くの方が2009年3月からの急回復を見逃していますので、1年間の計算でもプラスにはなっていません。

多くの人にとり、スーパーアニュエーションは老後のための長期の運用口座です。長期の運用先として安全型の銀行運用ではなかなか増えないので、元金成長型の株や不動産に運用するのが薦められるわけですが、これらは短期では元金が値下がりする可能性もあります。最近の不動産価格の高騰を見て、「昔安い時に買っておけばよかった」という場合の「昔」が今にあたります。会社から支払われている定期的掛け金や個人で支払っている掛け金は、今安いものを買っているというように考え、将来の値上がりを期待されたらよいと思います。

老後の生活資金

最近、物価の値上がりを強く感じていませんか?毎年、ウエストパック銀行が発表する老後の生活資金調査報告が今年も出ました。夫婦で快適な生活に必要な資金は年間5万3,565ドル、質素な生活で3万400ドル、独身者ではそれぞれ3万9,160ドル と2万980ドルということで、昨年より約3?4%上昇しています。ちなみに、豪州の老齢年金受給額は満額で年間夫婦2万5,251ドル、独身者で1万6,749ドルとなっています。

※この記事は情報提供のみを目的としています。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る