リタイアメント・プラン

FPキョウコの
暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座
オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

第36回:リタイアメント・プラン

最近は50代、60代だけでなく、若い世代からも退職後の生活設計をしたいというお問い合わせがあります。何十年も先のことは計画が難しいですが、大まかなプラン、資産作りの戦略方法、ローンをどう払い終えるのかなどの出口・売却戦略というものは必要になります。その際に知っておかないといけないのは、どのようなライフスタイルを望み、どのくらいのお金が毎年必要になるのかということです。

政府からの年金はルールも変わりますし、もらいにくくなってきていますので、若い方は年金はあてにせず計画を立てていきましょう。

まず、毎年必要な金額が予想出来たら、自分に質問してみてください。

自分の家は持っていますか?その家の価格はどのくらい伸びていますか?将来的にはどのくらいになりそうですか?何年ローンが残っていて、どうしたらそれを早く返せるか知っていますか?現在の家を担保に投資物件は買えますか?レンタル収入はどのくらい見込めますか?減価償却などでどのくらい税金対策が出来そうですか?ローンが払い終えなかったり、リタイアしたらダウンサイズしますか?その時にどのくらいの現金が残るか想像出来ますか?

不動産を好まない方であれば、現金をうまく運用していますか?7パーセントの利率があれば元本が10年で倍になりますが、現在の利率で倍にするのにどのくらいの時間がかかるか知っていますか?毎月どのくらい貯金が出来ますか?スーパーアニュエーション(スーパー)に幾ら積み立てていますか?自分がリタイアする時にはどのくらいの金額になっているか予想出来ますか?所得を増やすことは出来ますか?もっと貯金は出来ますか?税金対策や税金的に良い投資方法は知っていますか?親からの遺産はどのくらいありますか?その他、予想出来る資産、所得はありますか?チャレンジしたい投資などがありますか?リスクはどれだけ取れますか?

以上の質問を考えた上で必要な収入をどこから、どのように、幾らもらえるか想像してみます。例えば50万ドル必要な場合、投資物件のレンタル収入から25万ドル、スーパーから15万ドル、アニュイティーなどから10万ドルというように、幾つか違うところから収入が入るように想像出来るでしょう。税金対策や、どのような不動産を買ったら将来役立つのか、幾らスーパーに積み立てないといけないのか、貯金は幾らするべきか少し見えてきます。

内容は1人ひとり違いますが、ゴールやプランがあると何をするべきかの方向性が決まりますので1歩ずつ前に進めますね。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー。難しいお金のことを易しく解説。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

W1406_8099WEAL1w668

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る