子供の教育費やリタイアメントへ使える投資

FPキョウコの

暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

第9回:子供の教育費やリタイアメントへ使える投資

オーストラリアにいる日本人は30〜40代の女性が多く、これから結婚や出産を迎える人も多いと思います。物価の高いオーストラリアで将来に向けてどう長期の生活設計を計画できるでしょうか?

Imputation Bondという言葉を聞いたことはありますか? 長期で積み立てのできる投資商品です。定期的に積み立てをしなくても、1回投資してそのまま置いておくことも可能です。投資の内容はさまざまな資産クラスから選択できるので、保守的なキャッシュ中心のものにも投資できますし、オーストラリアや海外の株などに投資もすることができます。皆さんが利用している定期や一般投資の場合、リターンに対して、また売却した際には税金がかかりますが、この方法はスーパーの次に税金的に優位な方法だと言われています。

Imputation Bondは、長期投資や税金対策、遺産相続を目的としています。

 

メリット:
1. 月々の積み立てが可能
2. 10年以上経っての引き出しは税金0%
3. 人の税率が30%以内の場合、10年以内に投資を引き出した場合はFranking Creditが個人の税金のオフセットとして利用可能
4. お金を渡したい人に譲ることが可能、途中変更可能

子どもの大学への教育費やリタイアに向けてTax Freeのお金があるのは強みですよね。

125%ルールといい前年度より125%ずつ多く積み立てが可能です。1年目は1万ドルからのスタートだと、その次の年は1万2,500ドル積み立てが出来るということです。そして3年目は1万5,625ドルになります。125%以上入金してしまうと10年ルールが振り出しに戻ってしまうので、気をつけて積み立てをしないといけないですね。もし入金しない年があればもう積み立てができなくなるので、よく考えれば強制的に積み立てをしなければならない商品です。

取り出しはいつでも出来ますが、10年以上たっての取り出しに対しては税金はかかりません。死亡保障のメリットもあり、死亡の場合、誰に渡すのかを任命できます。その場合は、面倒なプロセスをバイパスして税金の支払い発生はなく任命している人(子どもにも)お金を渡すことができます。また、子どもが小さい場合はある一定の年齢になってから渡すことなど指定することもできます。

長期の投資商品なので最初に税金のレート、子どもの年齢や状況、いつどのようにお金が必要になるのかなど考慮する必要があります。

Education Scholarshipなど似ている商品もありますが、決まった年数の投資契約があり、また、教育費にしか使えないという制限があるので、取り出し年数とお金の目的に融通が利くのはImputation Bondですね。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー。難しいお金のことを易しく解説。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

W1406_8099WEAL

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る