【新連載】教えて! 不動産売買の常識


教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

専門知識やプロのアドバイスが必要な不動産購入

今回は、実際に不動産を運用するに至ったAさんの例について詳しく説明します。

私がAさんに会ったのは2010年ごろで、IT企業に勤務し、年収20万ドルだった彼は友人の勧めで当社を訪ねてきました。当初Aさんは、非常に保守的な性格だった友人がどうして不動産を購入したのか疑問だったそうです。

03年にオーストラリアに移住したAさんの年収は15万ドル、彼の妻の年収も6万ドルありました。04年に45万ドルの一軒家を購入し、20パーセントのデポジットを払い、80パーセントのローンを一生懸命返してきました。現在の住宅価格は75万ドル程になっています。残っているローンは10万ドルで、彼の知人の中でAさんが最もローン残高が少ないとのことでした。

そこで私が、03年から10年まで国内の多くの不動産価格が上昇したため、04年からの7年間、Aさん夫妻が払った税金の合計額だけでも、現在の住宅価格(75万ドル)と同じくらいになると指摘したところ、Aさんはとても驚いていました。

ローンを返済することも重要ですが、もしその時に投資用不動産を2件買い、ネガティブ・ギャリングを使って年2万5,000ドル程度の税金を返してもらい、価格上昇も考慮すれば現在持っているローンは既に完済したのではないか、ということを話すと納得された様子でした。今では当社の顧客となって投資不動産を運用しています。

このように不動産購入には専門知識やプロのアドバイスが必要になってきます。定期的に不動産セミナーに参加し情報収集して、自分でアンテナを張っておくことも重要です。当社のセミナーで紹介する不動産購入プランニング・パートでは、オーストラリアでリタイアを迎える方々ための準備についてお話します。


また、不動産パートではオーストラリア経済の今後の見通しと不動産市場の動向を説明します。そして初めての住宅購入のお薦めエリアと物件をご紹介し、不動産運用によって財産を増やす方法についての例もご紹介します。住居用物件と老後の賃貸収入が確保できる投資不動産を、住宅ローンを組まずに65歳までに仕上げていくマスター・プランを実践できるようなアドバイスや、実質的かつ効果的に銀行融資を受けられる方法も説明しますので、ぜひ足を運んでください。



ジャスミン・キム
◎NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを開催することで定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人1,800人以上を含む7,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る