不動産売買の常識/賢い不動産購入

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

賢い不動産購入

不動産コンシェルジュ「Orion Star Property」のジャスミンです。私が2人の子どもを育てる専業主婦のJさんにお会いしたのは2008年10月の当社のセミナーでした。彼女は、当時、ファースト・ホーム・バイヤーがどのようにして、政府から2万4,000ドルの補助金を受けられるかを知りたい、またスタンプ・デューティー1万7,990ドル免除対象の不動産を購入したいということで、弊社が開催した不動産セミナーに来られました。

これまでJさんとご家族は、オーストラリアへ移住後、マイホームを購入するために新築のモデルハウス見学や中古物件のインスペクションに100回ほど足を運んでいましたが、自分が用意できる6万ドルの頭金で購入できる家の値段が50万ドルまでであることに悔しい思いをしてきたそうです。

彼女の夫の年収は約6万ドルで、税金を控除した後に残るのは、レントと生活費と養育費などをぎりぎりカバーできるくらいほどの額……。日本よりも厳しい生活をしていると話していました。

ファースト・ホームの購入で生活レベルを上げたいと言うJさんの願いが切実だったので、私も大きな責任を痛感し、どの不動産をお薦めすれば良いか慎重に検討しました。その結果、頭金5万ドルで契約、その1年後に完成するオフ・ザ・プラン(先購入後着工不動産)の物件をファースト・ホーム・バイヤーとして購入、ファースト・ホーム・グラント2万4,000ドルを手に入れ、1万7,990ドルのスタンプ・デューティーも免除されました。

このファースト・ホームは物件購入の6カ月後から投資用不動産として運用し、週650ドルのレント収入があります。また、この物件の完成時に支給された2万4,000ドルと貯金していた現金3万5,000ドルをデポジットとして利用し、ブリスベンで35万ドルのワン・ベッド・ルームのマンションを投資不動産として購入、週420ドルのレント収入があります。

Jさんはファースト・ホームのエクイティー(純資産価値:資産価値から負債を差し引いた残余の価値、住宅の上昇によって生じた価値)とブリスベンのマンションのエクイティー、貯金を集め、ついに3ベッド・ルームのユニットをマイホームとして購入しました。彼女は近い内に、マイホームと2軒の投資用不動産を合算して、ドリームホームである一軒家を購入できると思います。

現在ファースト・ホーム・バイヤーの補助金は1万ドルで、スタンプ・デューティー(家の値段の4パーセントである税金/購入者が支払い)は65万ドル以下の物件を購入すると全額免除されるため、Jさんのように賢い不動産購入をされてみるのも良いでしょう。


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを開催することで定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る