教えて!不動産売買の常識/駅周辺ハウス・ツアー in シドニー

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

駅周辺ハウス・ツアー in シドニー

バイヤーに有利なマーケットになっている最近のシドニーですが、購入を積極的に考えている人は不動産会社のセミナーに参加し情報を収集することがあります。実際の物件を見たいという依頼も多いので、弊社のセミナーの一環で「駅周辺ハウス・ツアー in シドニー」を企画しました。

チャッツウッド本社からバスで移動し、最初に到着したのはケリービル(Kellyville)の一軒家のディスプレイ・ハウス。オーストラリアを代表する建設業者としてシドニーでもハウス・プロジェクトを進めている有名なディベロッパー側が、軽食を用意して歓迎してくれ、2カ所のプロジェクトの地域の説明、そして図面を使った具体的なプレゼンテーションもしてくれました。

次に訪問したのは、新たに開通するノース・ウェスト路線のラウズ・ヒル(Rouse Hill)近くの、スコフィールズ(Schofields)駅から600メートルの近さながら静かな住宅街に建設中のタウンハウス。駅近で2階建ての3ベッドルーム・タウンハウスを60万ドルで購入できるチャンスがあるとのことで、皆さんは興味を示していました。同物件のディスプレイ・ハウスでは、インテリアや仕上げはもちろん、ガレージ、庭など家の敷地全体の景観も見られ、ドリーム・ホームをより具体的に頭の中で描けたという声がありました。

スコフィールズ駅付近を車で移動しながらショッピング・センターなど周辺環境を把握し、最後はブラックタウン(Blacktown)へ。ツアー参加者は、ブラックタウン駅徒歩1分のハイライズ・マンションにも興味津々の様子で、建設現場とディスプレイ・センターを見学しました。

ハウス・ツアー参加者の声

参加者からは、バス・ツアーなので気軽に周辺環境を確認しながら説明も聞け、ディスプレイ・ハウスも入念に見ることができたとフィードバックを頂きました。また、一軒家にとても興味はあったものの予算と家の状態のバランスに悩んでいたある参加者は、ツアーで手頃な値段の新築一軒家を実際に見て、よく知らない町の位置や周辺環境も把握できたとコメント。夢の一軒家を想像から実現させるための1歩を踏み出す貴重なチャンスになった、と言ってくださいました。

実際に物件を見ると、図面や写真では確かめづらい広さ、明るさ、質感、色合い、周辺環境などを、不動産のプロからの説明を受けながら確認できるので、物件選びの判断材料となります。今、住居用物件が買い手市場のシドニーで、現地ツアーを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを開催することで定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る