売却のタイミング

不動産の豆知識 Q&A

不動産の豆知識 Q&A
第2回
売却のタイミング

 

Q: こちらに投資物件を持っていますが、いろいろな事情がありそろそろ売ろうと思っています。物件を売るタイミングを教えてください。(45歳・男性)

 

新堀由香子 ワイド・エステート
新堀由香子 ワイド・エステート

A:「今、不動産は売り時ですか?」という質問を、1年を通じてよくいただきます。大切な資産である不動産を売るということは大きな決断が必要な上、タイミングを間違えると損をしてしまう可能性もあるので、何かと不安がつきまとうことでしょう。

ゴールドコースト(GC)の不動産価格の変動には規則的な周期があると言われており、おおよそ7~10年の周期が相場のようです。しかし今回のような世界的な経済不況に見舞われれば、このサイクルには若干の誤差が生じてくると思われます。その時々の市場を把握して売買する方は、素晴らしい先見の明があると言えます。

さて、質問に対する答えですが、検討を始める前に「なぜ物件を売るのか ? 」という基本的な質問をご自身に問うことから始めてみてください。

例えば、利益確保を目的とする売却であれば、不動産価格が上昇基調にある時に市場に出すのが理想的です。景気が悪くなってくると「ローンが負担になってきているので売却をしたい」という相談が増えてきますが、この場合、市場全体が下がり基調の中で売却をすることが多々あるため、思い通りの値段での売却は望めません。

ただし、売却することにより経済的、精神的な負担が大きく改善されることが期待できるので、プラスの面として捉えることもできます。また、「損をして得をとる」のごとく、市場が悪い時に売却し、条件の良いほかの物件を安価で購入するという手もあります。

このように、不動産を売却するタイミングは個々のオーナーの事情に密接に関係するところが多くあるので、売却をお決めの際にはまず、「売却の大義」をよく検討してください。それを踏まえて不動産会社に相談し、市場の動向に応じた売却戦略の提案を受けることをお薦めいたします。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る