投資信託をより詳しく見てみよう(その1)

投資信託をより詳しく見てみよう(その1)

オーストラリアにおける投資信託(ファンド)への投資額は世界で6番目の大きさです。ファンドの運用が盛んなオーストラリアではさまざまなファンドが売られています。あまたあるファンドの中から自分に適したものを探し出すために役立つのが比較サイトです。代表的なものに「Morningstar」(Web: www.morningstar.com.au)というウェブサイトがあり、その格付け評価には投資家の間で定評があります。今月(号)から数回にわたって、Morningstarの記載情報を見ながら、ファンドの世界に慣れていきましょう。多少専門的になる内容もありますが、どうかお付き合いください。

それでは、今回は一番気になるファンドのリターンに関する情報を見てみましょう。

【グラフ1】

【グラフ1】

【表2】

【表2】

【表3】

【表3】

Growth of $10,000

ある期間に1万ドルを投資した場合の価値の変化をグラフで示しています。ファンドが属するカテゴリーの平均とベンチマーク*となる指数(index)のグラフも合わせて掲載されています(グラフ1)。

Financial Year Total Return

基準となる会計年度から現在までの利回りを年率表示しています。また、カテゴリー平均(+/- Cat)とベンチマーク(+/- Index)をどれくらい上回っている(下回っている)かも合わせて掲載されています(表1)。

Trailing Total Return

基準となる期間における現在までの利回りを示しています。1年以上の期間は年率表示されています。所属カテゴリー内での順位も表示されています(Cat Rank)(表2)。

*ファンドが運用成績の目標とする基準。通常、日経平均など対象資産の市場平均を示す指数が用いられます。


KVB Global Markets取締役日本部門ヘッド
KVB Wealth Managementカスタマー・サポート(FA資格保有)
山田悟

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る