ビザ申請中に傷害罪で起訴。申請中のビザへの影響は?

日豪プレス何でも相談

法律

Q

昨年、457ビザで日本から派遣されてきた会社員です。先日、酔った勢いで人を殴ってしまい、傷害罪で起訴されてしまいました。有罪になるとビザがキャンセルされてしまうかもしれないと友人から聞いたのですが、本当でしょうか?(25歳会社員=男性)

A

昨今、こうしたケースにおいて、移民局はビザをキャンセルする傾向にあります。また、昨年末には「Department of Home Affairs」という新たな省が設立され、オーストラリア保安情報機構、連邦警察、連邦検察に並んで、移民局もその省の一部となりました。オーストラリア連邦政府の移民に対する考え方は、安全保障の観点において、今まで以上に重きを置くようになったようです。本コラムでは、あえて「移民局」という呼称を使用します。

オーストラリア移民法第501条(2)(a)項に「移民局は、当該ビザ保持者が501条6項に示される“Character Test”に不合格となることが疑われる場合、そのビザをキャンセルすることができる」と記されています。殺人やテロなどの重大な犯罪を犯した場合にはCharacter Testに不合格になるのはもちろんのことですが、それに加え、同法501条(6)(c)項には、「当該ビザ保持者の過去及び現在の犯罪行為と、過去及び現在の一般行為とを考慮に入れた上で、当該ビザ保持者が“Good Character”ではないと(移民局が)判断できる」場合にもCharacterTestに不合格となり得る、と記されています。つまり、Good Characterか否かは、実質的に、移民局の裁量に委ねられるということです。

1つ事例を挙げたいと思います。

実際にあったケース

就労ビザを持つ男性が、けんかに巻き込まれ、相手ともみ合いになったところ、とっさに近くにあった果物ナイフを手に取り、相手の手に約1センチメートルの切り傷を負わせてしまった。同氏は“Reckless Wounding”という罪状で起訴され、正当防衛を主張するも認められず、有罪が確定しました。Reckless Woundingは最高刑が懲役7年となる重罪であるにもかかわらず、裁判官は大いに情状酌量の余地有りとして、600ドルの罰金及び9カ月の“Good Behaviour Bond”のみという、Reckless Woundingでは、非常に軽い刑罰を言い渡しました。しかし、この有罪判決の数カ月後、同氏のビザは“Bad Character”を理由にキャンセルされ、不法移民収容所(Detention Centre)に強制連行されることになりました。

対応策について

今回のご相談者の場合、有罪が確定してしまうと上述の事例のように、ビザが取り消されてしまう可能性は大いにあり得ます。まだ起訴の段階にあるようなので、裁判で無罪の判決を勝ち取れるよう最善を尽くすべきでしょう。ただし、有罪となってしまい、その理由でビザが取り消されたとしても、その移民局の判断に対し“Administrative Appeals Tribunal”という、言わば行政裁判所に不服の訴えをすることができます。そうすることで、ビザの取り消しを無効にできる場合もあります。

次回のコラムでは、上記事例の男性が移民局に連行された特殊な背景と、Administrative Appeals Tribunalへの不服の訴えの手続きについて書きます。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。


林 由紀夫(はやし ゆきお)
H&H Lawyers

横浜市出身。1972年来豪。78年ニュー・サウス・ウェールズ大学法学部卒(法学士、法理学士)。79年弁護士資格取得。同年ベーカー&マッケンジー法律事務所入所。80年フリーヒル・ホリングデール&ページ法律事務所入所。84年パートナーに昇格。オーストラリアでの日系企業の事業活動に関し、商法の分野でのさまざまなアドバイスを手掛ける

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る