家裁(Family Court、Federal Circuit Court、Local Courts、Magistrates Courts)の違いは?

Q オーストラリアには家庭裁判所と呼ばれるものが何種類かあるようですが、どれかを選ばなくてはいけないのでしょうか。また選ぶための条件などがあるのでしょうか。
(45歳会社員=女性)

 

A オーストラリアの家族法制度は連邦制定法である家族法(Family Law Act 1975)を軸にした連邦法システム、つまりオーストラリア全土にわたって適用される制度です。同制定法は連邦家庭裁判所(Family Court of Australia)や連邦巡回裁判所(Federal Circuit Court of Australia)で主に取り扱われますが、遠隔地に住人のため、各州における治安判事裁判所(Local Courts・Magistrates Courts)でも申し立てを行うことができるようになっています。ちなみにWA州だけは例外的に同州制定法である家族法(Family Court Act 1997)を持つため、ほかの州とは若干異なるシステムを採っており、同州独自の家庭裁判所(Family Court of Western Australia)が存在します。

これらの裁判所は同じ家族法を適用しますが、実際には取り扱う案件が大まかに分類されています。同法律上、家庭裁判所と巡回裁判所はいずれも離婚申請を取り扱えるようになっていますが、近年ではほとんどすべての離婚申請は巡回裁判所が取り扱っており、特殊要素がない限り離婚申請は自動的に巡回裁判所が受理するようになっています。

また、各州の治安判事裁判所ではそれぞれの州に独自に存在する州法システムの中で家族法を適用します。主に、連邦家族法の規定から外れる家族間の問題、例えば内縁(ディファクト)関係間のある種の財産分与、DV(家庭内暴力)、養子縁組、代理母に関する問題などについて取り扱います。このほかに連邦家族法が決定権を州に委ねているエリアについても管轄を持っています。

どこの裁判所で申し立てを行うかについては、自分の案件がその裁判所が取り扱える内容であることを申請時に確認することが前提とされますが、案件の途中でその裁判所が不適当とみなされた場合にはほかの裁判所に移管されます。連邦巡回裁判所から家庭裁判所、またはその逆への移管は複雑性や訴訟対象金額などが考慮の対象となります。一般に連邦家庭裁判所は複雑あるいは対象金額の大きな案件を取り扱います。

州の治安判事裁判所は暫定命令(interim orders)を出した後は通常、連邦家庭裁判所か巡回裁判所へ案件を回します。しかし、両当事者が治安判事裁判所での継続を求める場合や地域的な問題がある場合には州裁判所で最終判決が出されることもあります。しかし、各州の治安判事裁判所は地域的な利便性に優れていますが、家族法に対する精通性に問題があることが多く、また対話による早期解決を図るためのシステムも連邦家庭裁判所ほどに充実していないため、不十分な解決方法しか得られない可能性があることは事実です。連邦家庭裁判所、巡回裁判所のいずれも地域巡回制度があり、地方まで出張しているのでこうした制度の利用が可能であるかも考慮するべきでしょう。

一般に連邦巡回裁判所、そして各州の治安判事裁判所では解決までにかかる期間は短く(通常3〜カ月程度)、連邦家庭裁判所ではその数倍の期間(1〜年、またはそれ以上)がかかります。当然、案件に対して費やす法務費用も連邦家庭裁判所で扱われる案件の方が一般的により多くかかります。

なお、本記事は法律情報の提供を目的と作成されており、法律アドバイスとして利用されるためのものではありません。


日豪プレス何でも相談

 

山本 智子(やまもと ともこ)
Yamamoto Attorneys

 

NSW大学法学部・教養学部卒。International Lawyers Co-operativeのメンバーであるYamamoto Attorneysの代表として各種法務を遂行している。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る