ビジネスの将来のためANZ銀行で相談を!

PR

ビジネスを始めたい人も既に始めている人も
将来のために銀行で相談を !

左左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店の荻田健将さん、アブラヒムかおりさん、マセリひかりさん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん
左からANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店の荻田健将さん、アブラヒムかおりさん、マセリひかりさん、藤原ミナさん、マクナイト千草さん

ビジネスを行う上で、会計士と銀行は不可欠な存在だ。会計士とは経理について定期的に相談する機会があっても、銀行となるとなかなか直接話をする機会は少ないと考える人も多いかもしれない。しかし銀行では口座の入出金だけでなく、ビジネスや個人の将来についての相談、アドバイスを聞くことなどもできる。企業も個人もできれば2年に1度は定期的に銀行を訪れ、常に変化し続ける経済的な状況について相談すれば、きっと有益なアドバイスを得られるはずだ。

新規の利用者に向けて

ビジネスを始めるために銀行へ行く場合であれば、事前に会計士と打ち合わせを行い会社設立の手続きを行っているだろう。オーストラリアでの事業形態は①ソウル・トレーダー(個人事業主)、②パートナー・シップ(共同経営)、③カンパニー(株式会社)、④トラストの4種類がある。それぞれにメリットとデメリットがあるが、ビジネスの途中で形態を変えようとすると諸手続きなどを最悪ゼロから再びやり直さなければならないため、しっかりと将来を考えた上で形態を決めておこう。

例えば、シェフとしてレストランで働いていた人が自分の店を持ちたいと考えた場合、料理についてはプロでも経営や法律、会計については素人であることが多い。ビジネスにはきちんとした会計士が不可欠で、将来のことを相談したり頼りにする機会も多い。1回限りの付き合いではなく、毎年、長期間にわたり会計手続きを依頼するため、自分が納得し信頼できる会計士に依頼したい。

新たにビジネスを始める人が口座開設のために銀行を訪れる場合、①ビジネスに関する将来のビジョンを明確にしておく、②法人の場合はABN(Australian Business Number)を取得しておく、③ASIC(Australian Securities Investments Commission)に会社登記を行い、個人事業主で必要があればトレーディング・ネーム(商標)を登録しておく。

豪4大銀行の1つであるANZ銀行ではまず「A-Z Review」というサービスの利用を勧めている。これはビジネスだけでなく個人についてもトータルでお金に関する現状の把握と問題点やニーズの洗い出しを行い、将来に備えて解決策を提案してくれる無料のサービスだ。

A-Z Reviewでは、まずさまざまな種類の口座の中からビジネスに最適な口座を提案してくれる。これは売り上げや経費などお金の出し入れの方法によって、ふさわしい口座の種類が変わるためだ。個人事業主の場合、とかくビジネスと個人の口座を明確に分けずに使いがちだが、実際は使い分けるべき。そのためビジネスだけでなく個人に対しても最適な口座を提案してもらうことが理想的なのだ。

既存の利用者に向けて

既にビジネスを行っている人に対してANZ銀行は、将来の方向性や、見直すべき点の有無などの相談に応じている。機材の一新やリノベーションの必要性など、さまざまなニーズについて考えるため、定期的に銀行を訪れて相談して欲しいとANZ銀行スタッフは話す。

例えば共同経営のレストランの場合、1軒目のビジネスが軌道に乗ると、2軒目、3軒目と事業拡大を考えることがあるだろう。この時、会社の形態などを変えようとすると大変な手間がかかることになるので、急場しのぎや後付け、場当たり的に判断することは避け、前もって銀行や会計士と十分に相談をすることが望ましい。物事を急に進めることの危険性を理解した上で、きちんと万全の準備をしておこう。

また個人としてマイ・ホームの購入などを考えている場合も、早い段階でアドバイスを得ておきたい。特に個人事業主の場合、会計上会社に利益があっても、個人に利益が無いと借り入れができないケースがあるためだ。会社と個人は全くの別物であり、マイ・ホームの購入は会社ではなく個人が行うということをきちんと意識して準備を進めよう。

ANZ銀行では少なくとも2年に1度のA-Z Review実施を推奨している。直接顔を合わせてさまざまな話をしていく中で、ビジネスだけでなく個人としての将来のビジョンをどうしていきたいか、また病気やけがなどの不測の事態にどう備えるのかなど、具体的なアドバイスを行うことができるためだ。

ビジネスに携わっていれば本業で忙しく、銀行関連の業務はとかく後回しになりがちということもあるだろう。しかし会社も個人も将来について真剣に考え、専門家に相談しアドバイスを受けることは非常に大切だ。A-Z ReviewはANZ銀行のどの支店でも実施しているが、サーファーズ・パラダイス支店とサウスポート支店なら日本人スタッフが常駐しているので、日本語で相談することが可能だ(要予約)。機会を作ってANZ銀行へ相談に行ってみよう。

ビジネスを行う上で、銀行や会計士とさまざまな情報共有をする必要がある。ビジネスの進め方、考え方によるが、利用者を中心にしてやり取りを行う場合もあれば、3者が協力して情報を共有することもある。

ー ANZ銀行主催 ー
スモール・ビジネス向けセミナー開催のお知らせ

現在ビジネスをしている人、そしてこれからビジネスを始めようとしている人を対象に、ANZ銀行主催でセミナーを開催する。ビジネスに関連したゲスト・スピーカーも出席予定。質疑応答もあるので、気になることを質問できるチャンスだ。本セミナーは各回完結で、気になるテーマの時だけ参加することができる。

●第1回 3月23日(木)「これから事業を始めたい 初歩編(構想段階)」
●第2回 4月27日(木)「これから事業を始めたい 中級編(具体的準備段階)」
●第3回 5月25日(木)「経営真っ只中 そろそろ見直し? 1回目(形態変更、車の買い替えなど)」
●第4回 6月15日(木)「経営真っ只中 そろそろ見直し? 2回目(ビジネス拡大編)」

●時間:各回5:30PM~
●会場:ANZ銀行サーファーズ・パラダイス支店
●料金:無料
●予約申し込み:マクナイト千草 Tel: (07)5626-5113 またはEmail: chigusa.mcknight@anz.comまで
●要予約。定員になり次第締め切り


アドバイスはお客様それぞれのニーズと財務状況を考慮したものではありません。それが適切なものかどうかはお客様ご自身でご判断ください。ANZでは、どのような金融商品も、ご購入前に契約書と金融サービスガイドを御熟読いただくよう推奨しています。与信申請は当行所定の信用供与審査の対象となります。Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ) ABN 11 005 357 522. Item No. 93650C 04.2016W533382

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る