第55回 気になる政策金利の行方

夢のマイホーム計画

 

オーストラリアで夢のマイホーム計画

第55回

気になる政策金利の行方

先月、オーストラリア中央銀行(RBA)は、政策金利を大幅に下げて3.75%にすると発表しました。おそらく今の経済状況から金利を下げてくるだろうと予測はされていましたが、まさかいつもの0.25%ではなく0.5%も下げるとは想像していなかっただけに、この大断行には驚かされました。

昨今、中央銀行が金利を下げたとしても、市中銀行が同じ割合で下げてくるわけでもないということが、この背景にあるようです。中央銀行は、金融機関が同率に下げることはないだろうとして、大幅利下げをしたとも言われています。中央銀行の政策金利にかかわらず、ANZ銀行が毎月第2金曜に金利を変更することを決断してからというもの、中央銀行と大手銀行の決定にずれが出始めています。政府は金融機関にプレッシャーを与え続けていますが、中央銀行と同様に0.5も下げた大手銀行はありませんでした(表参照)。

モーゲージを持っている、もしくはこれから持つ予定の人にとっては、この金融機関の標準金利が下がることはとても嬉しいのですが、貯蓄をしている人にとっては、あまりレートが下がると魅力的ではありません。

表だけを見ると、金利の下がった金融機関が最もレートの良い商品を持っているような気がしますが、実はそうでもありません。それぞれの金融機関では、標準金利の商品の内、金利がさらにディスカウントされたさまざまなものが存在しています。そのため、最終的には金融機関で比較するというよりは、どの商品が自分のモーゲージに合うのかを比較し検討することが求められます。

先月、大幅利下げとなった政策金利、また今月も同様に下がるのか。現在のヨーロッパの状況、低迷する豪製造業界などの要因を受け、専門家たちは6月も金利が下がるとの予測をしています。その結果は6月5日の午後に発表されます。目が離せませんね!

 

■5月の各銀行の利下げ率

 ANZ 0.37%
 Commonwealth Bank 0.40%
 NAB 0.32%
 Westpac 0.37%
 AMP 0.35%
 Bank West 0.32%
 Citibank 0.33%
 Homeside Lending 0.32%
 ING Bank 0.30%
 St George Bank 0.38%
 Suncorp Bank 0.35%

夢のマイホーム計画

XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る