第61回 LVRとは?

夢のマイホーム計画

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第61回

LVRとは?

先月5月に、オーストラリア中央銀行が政策金利を歴史的に最も低い2.75%に下げると決定しました。これを受けて、ほとんどの銀行がそのまま金利を0.25%差し引く決定をしました。 

正直なところ、今の住宅ローン金利だけを見ると、非常に大きくディスカウントされた状況であると感じます。いつかはこの金利も上がっていくのでしょうが、それまでにできるだけ多くの返済をして、ローンの負担を減らしたいものです。

 

さて、住宅ローンを考える時に必ず耳にする言葉として、「LVR」という単語があります。実はこのLVR 、住宅ローンを決定する上で重要な事項の1つとなります。 


LVR は「Loan Value Ratio」の略で、「(ローン金額)÷(物件の価格)」で割り出されます。例えば、物件の価格が50万ドル、ローン額が40万ドルであれば、LVRは80%となります。 

LVRが小さいということは、ローン額が担保となる物件価格に対して小さいという意味なので、銀行にとってはリスクが少なく、融資が通りやすくなります。 

そこで、この80%というのがとても大切な指標になります。これを超えるローンであれば、銀行がリスクの高いローンと考え、保険料金を支払うように指示します。保険はあくまで借り主を守るものではなく、銀行を守るためのものとなります。

 

保険料金はローンに上乗せすることができ、また1回きりの支払いなので、頭金が少なくてもローンすることが可能という利点があります。


夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る