住宅ローン申請は今がベスト・タイミング?

夢のマイホーム計画

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第66回

住宅ローンを申請するなら今?

オーストラリアの金利が史上最低を継続しています。8月に政策金利が2.5%となり、10月の時点でも上昇することなく現状を維持しています。11月にさらに下がるのではという見方が強いようですが、11月5日のオーストラリア中央銀行のボード・ミーティング後の結果が楽しみです。

低いと言われる金利ですが、いったいどれほど低いのでしょうか。下表はローン額が30万ドル、期間は30年ローンで、金利が0.5%変わるごとに毎月の支払額がどれほど違うのかを示したものです。

2008年の世界金融危機以前、銀行の住宅ローン金利の平均が約8.8%だったのを考えると、その差額は実に746ドル。毎月かなり大きな支払額をセーブしていることになります。もちろんローンの額や借りる年数によって差額は大幅に変わります。

問題は、今金利が低くても経済状況が良くなれば、銀行がいつでも金利を上げる可能性があるということです。固定金利を選ぶことで、その不安を軽減させる方法もあります。それでも、今住宅ローンを開始するメリットというのは、やはり低い金利です。住宅ローンの開始時期が一番ローン額の大きい時期です。その時期の金利が低いということは銀行へ支払う利子も減額されるということになります。

将来の金利上昇が不安であれば、余裕を持った額の住宅ローンで申請し、金利の低い今できるだけ繰越返済をして、ローンのバランスを減らすようにすれば、短期間での住宅ローン返済も夢ではありません。

例えば今の金利で支払っている人が、毎月1,625ドルの返済のところを、8.08%の金利の額である2,218ドルの支払いをしたとします。そうすると30年ローンが約16年半で返済を完了することになります(ただし途中で金利が上がったり下がったりせず、繰越返済も余分にしないと想定した場合)。

もしも住宅ローンを始めるのであれば、金利が低いこの時期、魅力的であることには間違いありません。


金利 支払額(月額) 差額
5.08% $1,625 $0
5.58% $1,718 $93
6.08% $1,814 $189
6.58% $1,912 $287
7.08% $2,012 $387
7.58% $2,114 $489
8.08% $2,218 $593

夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る