第79回 投資物件購入のメリット

夢のマイホーム計画

 

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第79回

投資物件購入のメリット

新年明けましておめでとうございます。2015年度も興味深い話題を取り上げて行けますよう精進してまいりたいと考えておりますので皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

今回のコラムでは投資物件購入のメリットについてお話ししたいと思います。同僚や友人のオーストラリア人と話すと、物件を既に数件所有している人が少なくないと思いませんか?それもかなり若い時から、男女問わず、物件を持っているということは珍しくありません。個人の借金レベルを増やしてまでも物件を所有する—それも一軒ではなく何軒もというのは、何か理由があるのでしょうか。投資物件の購入のメリットは、単純にキャピタル・ゲインだけの問題ではなさそうです。

居住物件、いわゆる持ち家の物件では得られないメリットが、投資物件にはいくつかあります。所得税の高いオーストラリアですが、投資物件を持っていると、税金対策としても利用することが可能です。投資物件のローンで支払う利子はもちろんのこと、物件のメンテナンスに関わる全ての経費も所得から相殺されます。物件を持つことで資産が増えるだけではなく、支払う税金も抑えることができるのです。もちろんバブルを経験した我々にとっては、物件価値が急落するというリスクも分かっていますが、目に見えない株などの投資と違って、多くの人にとって比較的固い投資とも言えます。物件の価格も上がり、ローン返済もある程度進んでいれば、現金をそれ程用意することなく新たな物件を購入することも不可能ではありません。そして何といっても嬉しいのは、ローンが終了すれば、物件を所有しているだけで自動的に家賃という収入源ができること。物件の場所にもよりますが、空室率約14%という日本の首都圏に対して約2%であるシドニーならば、テナントがなかなか見つからないといった不安も空室率に比例して低くなると言えるでしょう。

2015年に投資をお考えであれば、ぜひ投資物件購入を候補に入れるのも悪くはなさそうですね。


夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る