【PR】エイペックス不動産「不動産セミナー開催」のお知らせ!

PR

不動産セミナー開催のお知らせ!
ファースト・ホーム・バイヤーだけじゃない!? 印紙税免除の方法、お教えします!

パトリシアの今月の思うところ

より一層華やかになるダーリング・スクエア

週末の夜に花火が打ち上げられ周辺がにぎわう場所と言えば、ダーリング・ハーバーをまず思い浮かべるのではないでしょうか。その湾を囲むように「ダーリング・スクエア」のエリアが形成されています。シドニー市内中心部(CBD)に位置し、休日には屋外でフェスティバルが盛んに行われるタンバロング・パークが広がり、その隣には多くの遊具や水場が備え付けられ、子どもたちが無邪気にはしゃいでいます。日にちを問わず、老若男女、多くの人でにぎわっているエリアだと言えます。

長い間、ダーリング・スクエアの再開発(Urban Regeneration)は行われてきました。現在は、NSW州と大手ディベロッパー・レンドリース(Lendlease)が共同で同地の再開発を手掛けています。2014年、元々コンサート公演やイベントの開催場所となっていたシドニー・エンターテインメント・センターが解体され、展示会や国際カンファレンスなど幅広い用途で使用できるように新しく建てられた「ICCシドニー」の登場は記憶に新しいと思います。そして19年、ダーリング・スクエア・エリアは“1つの街”への完成を迎えようとしています。

建築家・隈研吾氏が設計した「The Exchange」のイメージ図
建築家・隈研吾氏が設計した「The Exchange」のイメージ図

ICCシドニーの他、コモンウェルス・バンク本社、建設中も含めて合計9棟のアパートメントが建ち、完成している物件には既に住居者も入っています。また、世界でも著名な建築家・隈研吾(くまけんご)氏設計の、図書館やチャイルドケア・センター、スーパーマーケット、屋上にはレストランやバーなど多機能な要素が備わった施設「The Exchange」も現在建設中です。

1つの街を形成する「ダーリング・スクエア」は、シドニーで更なる盛り上がりを見せる最たるエリアの1つになると考えています。

アクセス抜群の立地

アパートメント「Arena」の1ベッドルーム+スタディー・ルーム
アパートメント「Arena」の1ベッドルーム+スタディー・ルーム

ダーリング・スクエアは既に、都市の中にある憩いの場になっていると思います。現在、工事が進んでいるシドニー・メトロも、ロックスから南東部・ランドウィック方面に延びる新ライト・レールなどもシドニーCBDを通過し、幾つかの駅が設置されます。インフラの拡充によって、シティーは元より郊外へのアクセスも容易になるでしょう。

最近では銀行ローンの借り入れもハードルが下がりつつあり、またオフ・ザ・プラン(※)で2~3年前に購入した人が資金調達がかなわず、比較的安価に手放すといったケースも見受けられます。

今後も魅力が上がり続けるであろうエリアを、不動産市場が調整時期である今こそが買い時となるのではないでしょうか。

※オフ・ザ・プラン:物件が出来上がる前の設計図の段階で、物件の購入をすること。

【5月22日】

■会場:エイペックス・シティー・オフィス(Level 6, 265 Castlereagh St., Sydney NSW)
■日時:5月22日(水)3PM~
■備考: 完全予約制(氏名、電話番号、参加人数を電話もしくはショート・メッセージで連絡)

【5月25日】

■会場:エイペックス・チャッツウッド・オフィス(313/7 Railway St., Chatswood NSW)
■日時:5月25日(土)3PM~
■備考:完全予約制(氏名、電話番号、参加人数を電話もしくはショート・メッセージで連絡)

【問い合わせ先】

Tel: 0411-106-868
Email: ptc.patricia@gmail.com


今月のお薦め物件情報

今月のお薦め物件情報

アシスタント募集!

エイペックス不動産では、不動産事業について学びたい人や興味・関心のある人に向け、アシスタントを募集します。不動産の第一線で私たちと一緒に働いてみませんか。詳しくは電話またはEメールでお問い合わせください。
■Tel: 0411-106-868 ■Email: ptc.patricia@gmail.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る