【税とビジネス】税金とは何なのか

税金とは何なのか

タックス・リターンの“タックス”(税金)とは、そもそも何なのでしょう。今まで税金を知らない成人がいるとは思ってもいませんでしたが、意外と多いことが分かりました。

税金は国が徴収するお金です。税金は国を支えるのに必要な物で、道路、橋、公共施設の建設及び管理、公共交通、公立学校、医療、警察、消防、ごみ収集、その他公共サービス、ファミリー・タックス・ベネフィット(子ども手当)、センターリンクからの給付金など、国が支払っている事業に使われます。

毎日使っている信号や道路は誰がお金を出して作っているのか、子ども手当をもらっているが、一体どこからそのお金は来ているのかを考えると分かるでしょう。天から降ってくることはありません。

その国で生活する人からお金を徴収し、そこで生活する人のために使うのが税金です。その国の会費のようなものと考えれば分かりやすいかもしれません。皆から徴収した会費をメンバーで分配しましょうというものです。

税金には、GST(消費税)、メディケア税(Medicare Levy)、州の税金(Payroll Tax)など、いろいろあります。タックス・リターンで払う税金は所得税(Income Tax)という税金ですが、オーストラリアではIncome Tax、法人税(Company Tax)、キャピタル・ゲイン税(Capital Gain Tax)などがこれに含まれます。GSTは働いていなくても何かを買うと発生します。お小遣いをもらった子どももスーパーマーケットでお菓子を買って納税しています。

さて、我々に一番身近なタックス・リターンで払うIncome Tax。タックス・リターンの時に返金がある人が多いので気付きませんが、多くの人が税金を払っています。Income Taxは累進課税と言い、収入が上がるほど税金が増えます。ビジネス・オーナーは実感があるのではないでしょうか。

日本人には日本より手厚い政府補助に魅力を感じる人も多い、子ども手当やセンターリンクの給付金。給付金をもらっている人は、裏を返せば自分が払った税金の一部が補助金として戻って来ているということです。オーストラリアは昨今、財政難で税収増に躍起になり、補助金にも厳しくなっています。もし国の税収が減ると、日本のようにどんどん厳しくなり、補助金や給付金をもらえなくなることになりかねません。

また、この税金で必ず話題に出るのが公平性です。高所得者、永住ビザ保持者や市民権者ではない、子どもがいないなどの人は、子ども手当の便益を受けられません。例えば、ワーキング・ホリデーの人は永住ビザ保持者より多くの税金を課され、それが永住家族の子ども手当に回っているとも言えます。


賀谷祥平
競馬騎手、Ezy Tax Solutions Pty Ltd代表取締役。豪州公認会計士、米国公認会計士、登録税理士。James Cook University MBA、University of New England会計学修士、上智大学経済学部卒。2001年上智大学在学中に、騎手を志し豪州の競馬学校に入学。03年、NSW州Coffs Harbour競馬場にて騎手デビュー。現在はNorth QLDで騎乗している。
Web: www.facebook.com/shoheikaya

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る