【税とビジネス】個人事業主、Uber事業者などのABNとタックス・リターン ①

個人事業主、Uber事業者などのABNとタックス・リターン ①

ABNで働く――ABNって何?

ABN(Australian Business Number)とは、オーストラリアで個人事業主としてビジネスをする際や、副業でビジネスをする場合に取得が義務付けられている番号です。今、流行の「Uber Taxi」や「Deliveroo」などを行う場合もABNの取得が必要となります。

また、最近ではブログでの広告収入活動やUberを行う人の増加と共に、日本人でもABNを取得する機会が増えています。

更に、「ABNを取って働いて」と頼まれ、最低賃金逃れのインチキを経験した人もいるかと思います。ただしこれは国税局(ATO)も警告している通り、本来の正しい使い方ではありません。ABNを使って働くというのは、個人事業主、フリーランスとして働くいうことです。当然、全てが自己責任で、仕事中にけがをしても労災はありません。

ちなみに、会社、パートナーシップ、トラストでビジネスを行う際は、会社、パートナーシップ、トラストがABNを取ります。

自身のABNはウェブサイトの「ABN Lookup」に公告されていますので、氏名や自身のABNを打ち込むと確認できます。

ABNとタックス・リターン

ABNでの収入がある場合にタックス・リターンはどのように申告すれば良いのでしょうか。まず最初に、ABNを持っている人は、使っていようが使っていまいが、タックス・リターンの未申告に対して罰金になる確率が極めて高くなることを注意事項として頭に入れておく必要があります。

これは、ABNを持っている時点で、国に「自営業者としてビジネスをしています」と宣言しているようなものだからです。「ビジネスをしているのにタックス・リターンを申告しないのはおかしい」という観点です。また、ABN収入は1ドルでも稼ぐとタックス・リターン申告義務が生じるためでもあります。ですので、必要ない方はABNをキャンセルしましょう。

ABN収入は他の雇用(雇われること)収入、銀行利息、投資収入などと一緒に1つのタックス・リターンでまとめて申告します。ABNの収入だけ別に申告するわけではありません。

また、ABNで収入を得ている人は、雇われている場合と異なり、収入に対して税金をあらかじめ引かれていません。その分、タックス・リターン時に税金を払うことになります。

税法上では、2016会計年度より、条件を満たす“ビジネス”となるABN収入は、「Small Business Tax Offset」という最大1,000ドルの税控除(税金が減ること)がもらえます。また、ABN収入での損失(Loss)は条件を満たさないと他の収入と相殺できず、将来のビジネスの利益とのみ相殺できます。これを「Non-Commercial Loss Rule」と言います。


賀谷祥平
競馬騎手、Ezy Tax Solutions Pty Ltd代表取締役。豪州公認会計士、米国公認会計士、登録税理士。James Cook University MBA、University of New England会計学修士、上智大学経済学部卒。2001年上智大学在学中に、騎手を志し豪州の競馬学校に入学。03年、NSW州Coffs Harbour競馬場にて騎手デビュー。現在はNorth QLDで騎乗している。
Web: www.facebook.com/shoheikaya

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る