2018年度EYグロースバロメーター調査結果(オーストラリア版)について【前編】

税務&会計 REVIEW

Yジャパン・ビジネス・サービス・ディレクター
篠崎純也

プロフィル◎オーストラリア勅許会計士。2002年EYシドニー事務所入所。日系企業や現地の企業の豊富な監査・税務経験を経て、現在NSW州ジャパン・ビジネス・サービス代表として日系企業へのサービスを全般的にサポート。さまざまなチームと連携しサービスを提供すると共に、セミナーや広報活動なども幅広く行っている

2018年度EYグロースバロメーター調査結果(オーストラリア版)について【前編】

EYは毎年ミドル・マーケットの経営陣を対象に企業の成長戦略について調査を行い、その結果を「Growth Barometer」と題した報告書で公表しています。今年の調査は、21カ国の年間売上高100万~30億米ドルの企業幹部2,766人を対象に、2018年1月15日~3月1日に実施しました。更に、EYがグローバルで独自に行っているプログラム「Entrepreneur Of The Year」のアルムナイ・ネットワークにも参加を求めました。調査は、英語及びその他6カ国語で実施され、更に具体的な洞察を得るため綿密なフォローアップ面談を3月から4月に行いました。オーストラリアに焦点を当てた主要調査結果を2回にわたり紹介します。

オーストラリアは地理的にも戦略的にも、今回のEYグロース・バロメーター(以下、「報告書」)に見られる力強い東方を基軸とした成長機運(Pivot East)の恩恵を受ける態勢にあり、今年の成長のリーダーです。ミドル・マーケット企業のリーダーが新たな海外市場に挑み、伝統と前衛を兼ね備えた人材をあらゆるチャネルを通じて発掘し、斬新な認知テクノロジーの導入を加速させており、オーストラリアの起業家は世界の基準を上回るペースで増加しています。

成長戦略

オーストラリアのミドル・マーケットでは、企業景況感が急上昇しています。今回のEYグロースバロメーター調査によると、オーストラリアでは10人のうち4人を超える企業幹部(45%)が今年の成長率が10%を超えると予想しています。この割合は、世界の成長の牽引役であるインドや中国、シンガポールを上回っており、また、国際通貨基金(IMF)が予測する成長率3%を大きく上回っています。

売上高成長率予測

右記のグラフは、2017年と18年の成長率予想を示しています。成長率レンジをマイナス成長から50%超までの7段階に分け、それぞれについて予想する人の割合を表示しています。

こうした成長率は、オーストラリアの成長率を牽引しているのが多国籍企業ではなく、ミドル・マーケット企業であることを示しています。

海外進出への熱意

海外での事業拡大は、オーストラリアの回答者にとって最優先課題となっており、これを最優先課題と答えた人の割合はオーストラリア以外の国・地域で24%だったのに対し、オーストラリアではほぼ3人に1人(32%)に上りました。オーストラリアの液化天然ガス(LNG)輸出量は中国の需要拡大の波に乗り、カタールを抑えて世界最大となる見通しです。新たなビジネス機会の観点からも海外での事業拡大はオーストラリアの回答者の優先課題となっていますが、オーストラリアが急速な成長を遂げるアジア諸国から近距離に位置することを考えると、驚くべきことではありません。

190カ国の1,000万人が使用するグラフィック・デザイン・プラットフォーム「Canva」は海外での事業拡大に積極的に取り組んでいるオーストラリア企業の1つです。同社の共同創業者でCOOのクリフ・オブレヒト氏は、「真のグローバル企業となるため、Canvaを英語以外の数多くの言語、正確には100種類の言語で提供するという目標を設定しました。私たちはこの目標をわずか4年間で何とか達成しました」と述べています。

オーストラリアの企業幹部は隣接する事業分野の活動やセクターへの参入にも意欲的です。この戦略を採用していると回答した人の割合は、産業統合の活発化を反映して22%に上りました(昨年から7パーセント・ポイント上昇)。また、戦略として国内での事業拡大を採用していると回答した人の割合はそれをわずかに下回る21%でした。

ビジネスの変化を受け入れる

オーストラリアでも他の国・地域と同様、事業に影響を与えているメガトレンドとして回答者の41%が人口動態の変化を挙げ、その割合は世界(34%)を上回りました。セクター統合やデジタル化といった他の破壊的要因がビジネスの世界を変えようとしており、ミドル・マーケット企業はそれに遅れを取らないように進化しています。

注目すべき点は、オーストラリアの回答者の場合、人工知能(AI)をまだ導入していないと答えた人でも5年以内の導入を計画していると述べていることです。この質問への回答率は、ロボティック・プロセス・オートメーションは行わないとする回答が67%を占めた昨年から大幅に改善しており、ビジネスリーダーが状況に応じて迅速に適格な判断を下さなければなければならないことを示唆しています。

AIの導入

今回の調査によると、AIを導入する意思があると回答した企業の割合が2017年と18年で大きく変化しており、今後2年以内に導入予定と回答したのが4%(2017年)であったのに対し、今回同じく回答した者は83%に上りました。

全般的傾向として、テクノロジーは重要な成功要因として受け入れられています。回答者の34%がテクノロジーは生産性の最大の牽引役だと指摘しており、テクノロジーへの投資の主な目的はプロセスの効率化を達成することだと回答した人の割合は49%に達しました。このようにプロセス効率化を重視する傾向には、ITの非常に伝統的な役割が反映されている一方で、ビジネスリーダーの3分の1以上(35%)が顧客体験の改善または新たなビジネス・モデルの構築といったより革新的な目標を掲げています。オーストラリアのIT成熟度の高さを反映するもう1つの傾向として、テクノロジーによる破壊的影響を成長の大きな障害と見なす回答者は13%にとどまり、他の国・地域(17%)を下回りました。

スタッフと創造性の活用

オーストラリアのミドル・マーケットは、イノベーションを促進するため、社内(従業員)と社外(顧客)の両方に目を向けています。企業のリーダーが従業員の創造力と洞察力を活用することがイノベーションを促進する最大の方法だと考える回答者の割合は43%となり、2017年から16パーセント・ポイント上昇した上、他の国・地域を大きく上回りました。イノベーションを促進する手段として顧客データを挙げた回答者は3分の1(32%)と2番目に多く、2017年から11パーセント・ポイント上昇しました。イノベーションの他の側面の中では顧客の影響が相対的に小さく、顧客ニーズをイノベーションの最大の要因に挙げた回答者は3%にとどまり、収益性と規制という回答率上位の2つの要因を大きく下回っています。

来月号も引き続き、ミドル・マーケットの経営陣を対象に行った2018年度EYグロース・バロメーターの主要調査結果をオーストラリアに焦点を当てて紹介します。


EYジャパン・ビジネス・サービスのウェブサイトはこちらから
www.ey.com/AU/en/JapanBusinessServices

コンタクト

篠崎純也
Tel: (02)9248-5739
Email: junya.shinozaki@au.ey.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る