和食のPRイベント開催 「Washoku Lovers Kitchen」

 和食文化のオーストラリアでの浸透に尽力するSDマーケティング・グローバルは7月7日、人気シェフ・野田雷太さん(「Raita Noda Chef’s Kitchen」オーナー・シェフ)を講師に招いたクッキング・イベント「Washoku Lovers Kitchen」をシドニー・フィッシュマーケット内シーフード・スクールで開催した。協賛はキッコーマンと牛肉卸の大沢エンタープライズ。

 昼・夜2部構成が予定された同イベント、昼の部にはメディアやフード・ブロガーおよびSDマーケティング・グローバル運営のコミュニティ「Washoku Lovers」の会員ら約60人が集まった。七夕当日ということもあり会場では短冊が配られ、参加者は各々の思いを書き記し、会場内の笹に吊り下げた。

01
02

 イベントは野田シェフの実演、参加者自身による調理、および調理した料理に日本酒をマッチングさせながらいただく食事タイムと3部構成で約4時間にわたって行われた。

03
04

 この日のメイン・ディッシュは大沢エンタープライズが扱うベルツリー・オーストラリアのWAGYU(ブルー・マウンテン和牛の名でもよく知られるフルブラッドのWAGYU)を使ったすき焼き、および桜の木でスモークしたミナミマグロの漬け。すき焼きはオーソドックスな調理法に加え、キノコの炊き込みご飯をすき焼きのタレで味付けした肉で巻きうずらの卵の天ぷらを添えた野田シェフオリジナルのレシピを公開。参加者も各々目の前の食材と格闘しながらも楽しみながらメイン・ディッシュを完成させていった。

10

 調理後の食事タイムでは人気の日本酒銘柄「獺祭」の魅力に関してのプレゼンテーションが行われるとともに「獺祭」3種類が振る舞われた。

09
05

 主催のSDマーケティング・グローバル、マネージング・ディレクターのYuriさんは「今回は初めてのクッキング・イベントということでいわゆる直球の和食ではなく、オーストラリアの方が好むタイプにアレンジした日本食のスタイルを野田シェフに提案してもらいました」とコメント。

 続けて「和食を日本食レストランで知ってもらい、そのうえで今度は家でも実際に和食を作ってもらいたい。そう考え、今回クッキング・イベントを開催しました。全体的な日本の食文化の市場がさらに広がることを期待したい」と話してくれた。

07
08

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る