シドニーで日本祭り、大盛況

 シドニー・ダーリングハーバー内の公園で7日、日本の文化などを紹介する「祭りイン・シドニー」が開催された。設置されたステージでは和太鼓の演奏やソーラン節の実演、さらに地元で活動するミュージシャンがコスプレーヤーに扮し、アニメソングを熱唱するなどさまざまな催しが行われた。

ステージ上では鏡開きも行われた

ステージ上では鏡開きも行われた



 会場内には日本のお菓子や飲料を売る小売店からたこ焼きや、金魚すくいなど日本の祭りを再現するブースが複数設置された。ダーリング・ハーバーは観光客はじめ数多くの人が集まるスポット。当日もさまざまな人種の人々が足を止め、日本文化に触れた。また日本の自治体や宿泊施設もブースを出店し、日本への旅行に興味を持つ人々へのプロモーションを行った。同イベントは昨年は過去最大となる2万5,000人を動員するなど年々その影響力を増している。

会場には多くの人々が集まった

ステージ上では様々な催しが行われ、また会場には多くの屋台などが出展。数多くの人々が集まった

 

 

有志によって結成されたアニソン・バンド地元で活動する女性人気デュオQP☆ハニーがステージ状で競演した

大学職員のセーラ・ラベティーさん(写真左)とシドニー在住の日本人男性ヒロさん(中央)らを中心に結成されたアニソン・バンド「フルムーン」と地元で活動する女性人気デュオ「QP☆ハニー」(右2人)がステージ上で共演した

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る