民間部門の賃金の伸び、史上最低の水準

 景気の足踏みを背景に、オーストラリアの賃金の伸びが鈍化している。オーストラリア統計局(ABS)が18日発表した今年6〜9月期の実質賃金指数(WPI)は、全産業の平均(季節調整済み)で前期比0.6%、前年同期比2.3%のそれぞれ上昇にとどまった。


 部門別の伸び率は、民間が前期比0.5%、前年同期比2.1%となり、年率では1998年に統計を取り始めて以来、最低の水準を記録した。政府部門も前期比0.7%、前年同期比2.7%と低水準だった。


 産業別の伸び率(季節調整前)は、「宿泊・外食サービス業」が前期比1.6%と最も高かった一方、「金融・保険サービス業」が同0.2%と最低だった。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る