ANA初便、シドニー到着─スターウォーズ・ペイント搭載機

 16年ぶりの復活となる全日本空輸(ANA)のオーストラリア路線、羽田~シドニー線の初就航機が12月12日、シドニー空港に到着した。初便の機体には人気映画、スターウォーズのキャラクターの中でも特に人気の高いキャラクター「R2-D2」を前面にデザインした特別塗装機「R2-D2™ ANA JET」を使用。18日にスター・ウォーズ・シリーズの10年ぶりの最新作『スターウォーズ/フォースの覚醒』が公開されることから、注目度はさらなる高まりを見せており多くのメディアが現場に訪れた。

12月12日、午前9時33分、シドニー空港に降り立つ直前の「R2-D2™ ANA JET」(撮影:馬場一哉)

12月12日、午前9時33分、シドニー空港に降り立つ直前の「R2-D2™ ANA JET」(撮影:馬場一哉、以下すべて同)

 

12月12日、シドニーに空港に到着した「R2-D2™ ANA JET」(撮影:馬場一哉(以下同))

12月12日、シドニー空港に到着した「R2-D2™ ANA JET」

 

放水アーチをくぐる「R2-D2™ ANA JET」

放水アーチをくぐる「R2-D2™ ANA JET」


 シドニー時間午前9時33分、定刻より2分早く着陸した「R2-D2™ ANA JET」は放水アーチで出迎えられた。到着後行われたセレモニーではケリー・メザー氏(シドニー空港CEO)、稲田健也氏(全日本空輸株式会社・上席執行役員)、高岡正人氏(在シドニー日本国総領事)、ジョナサン・オ・デア氏(NSW州政府議員)ら4人が登壇し、初就航便の到着を祝った。

 日本からオーストラリアへの旅行客は現在年間約30万人と言われているが、日豪経済連携協定(EPA)の締結などといった要因もあり今後の増加が見込まれている。さらにオーストラリアからの訪日客も年々増えており、2014年には30万人を超えた。こうした状況を受けての16年ぶりの就航再開となった形だ。

 全日本空輸株式会社、定行亮氏(シドニー支店長)はセレモニー後のインタビューに対し「今後、国際線を強化していく中で南半球の拠点としてオセアニア最大の都市シドニーを選ぶという当社の戦略に加え、日本、オーストラリア、双方の需要が高まっていることもあり今回の運びとなりました。まずは本日、無事にオンタイムで到着することができて良かったです。1990年代には日豪間では90万人ほどの行き来があったが、今回の就航をきっかけに数年かけて90万人、さらには100万人以上の往来を実現できればと思います」と話した。

鏡割りは新潟県の日本酒「上善如水」(白瀧酒造)で行われた

鏡割りは新潟県の日本酒「上善如水」(白瀧酒造)で行われた

 

シドニー空港CEOのケリー・メザー氏(左)と全日本空輸株式会社・シドニー支店長の定行亮氏の2人がケーキ入刀を行った

シドニー空港CEOのケリー・メザー氏(左)と全日本空輸株式会社、シドニー支店長の定行亮氏でケーキ入刀を行った

 

タラップでは新制服のCAとスターウォーズの人気キャラクター、ヨーダのぬいぐるみがお出迎え

タラップでは新制服のCAとスターウォーズの人気キャラクター、ヨーダのぬいぐるみがお出迎え

 

機内にはスターウォーズ・グッズも

機内にはスターウォーズ・グッズも

 

フルフラットのベッドになるビジネス・クラスのシートでくつろぐ参加者

フルフラットのベッドになるビジネス・クラスのシートでくつろぐ参加者

 

機内はスターウォーズの雰囲気にライトアップ

機内はスターウォーズの雰囲気にライトアップ

 

機内で提供される紙コップもR2-D2仕様

機内で提供される紙コップもR2-D2仕様



■関連動画
シドニー空港に降り立つ「R2-D2™ ANA JET」(撮影:日豪プレス)
https://www.youtube.com/watch?v=kP31FvlM48w

放水アーチをくぐる「R2-D2™ ANA JET」(撮影:日豪プレス)
https://youtu.be/sSJ4NkvoGF8

■関連記事
スターウォーズのペイント搭載機がシドニーに! ANA就航初日

http://nichigopress.jp/ausnews/111995/

 

■関連リンク
ANAスター・ウォーズ・プロジェクト」特設サイト
http://www.ana-sw.com/

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る