五郎丸、SRデビューへ視界は良好

ブリスベンのグラアム・クワーク市長とがっしり握手

ブリスベンのグラアム・クワーク市長とがっしり握手


 18日、スーパー・リーグ(SR)QLDレッズのFB五郎丸歩が、この日も30度を超える暑さになったブリスベン中心部のサウスバンクに姿を現し た。五郎丸がチームメイトともに参加したのは、”QLDレッズ”仕様のデコレーションを施されたリバー・シティキャット(市営フェリー)のお披露目。祝辞 を述べたブリスベンのグラアム・クワーク市長も、そのスピーチの冒頭で五郎丸に言及するなど、その注目度はブリスベンでも上昇の一途だ。

 その後、市長やチームメイトと共にしばしの遊覧航行のために”船上の人”となった五郎丸。その背中に日本語での絶叫調の「五郎丸さーん」の声が届いたのは、フェリー発船直前だった。時ならぬ日本人ファンの登場は、市長を動かした。船上からおもむろに手招きをしたクワーク市長は、福岡から語学留学で 当地に到着したばかりという5人の日本人学生をサプライズで乗船させた。期せずして、母国のスター選手との間近での交流の機会を得た瀧川絵梨佳さん(福岡 大学2年)と”絶叫”の主である西留ゆみかさん(同左)は「一生の思い出になるよね」と顔を見合わせながら興奮を隠せない様子。

 船上での五郎丸は、市長とも親し気に談笑。リバー・シティの異名を持つブリスベンの美しい景色を楽しみながら、いたってリラックスした様子を見せていた。下船後は、自らの出身地・福岡からやってきたラッキーな学生たちと握手、記念撮影にも気軽に応じた。

特別に乗船を許された日本人学生にも、下船後に握手と写真撮影のファンサービス

特別に乗船を許された日本人学生にも、下船後に握手と写真撮影のファンサービス


船上ではチームメイトの豪代表ケイン・ダグラスとにこやかに談笑する姿も

船上ではチームメイトの豪代表ケイン・ダグラスとにこやかに談笑する姿も


 数日来、メディアを賑わせた仏トゥーロンへの移籍に関する質問も飛んだ。きっぱり「今はSRに集中するだけ」と語った五郎丸の眼が捉えているのは、27日の開幕戦(ワラタス戦・シドニー)のみ。「夏は好き」だからと、例年以上に蒸し暑い気候への順化も問題ない。

「日々、向上している。チームメートとのコミュニケーションも取れてきたし、この先が楽しみ」と状態の良さと順調な調整ぶりを語るなど、周囲の雑音は気にしない。「残り10日を切った開幕戦に向けての視界は、この日のブリスベンの青空のように曇りなく良好だ。

(本紙特約/植松久隆・ブリスベン)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る