【速報】サッカー日本代表、豪州と引き分け

最終予選突破へ望みつなぐ
 
 サッカー日本代表は10月11日、ロシアW杯アジア最終予選グループBの第4節でオーストラリア代表とメルボルンで対戦し、1-1で引き分けた。
 日本は前半5分、原口元気のゴールで先制に成功したが、後半立ち上がりにPKからオーストラリアに同点ゴールを許した。その後はオーストラリアに試合を支配される展開が続いたが、何とか凌ぎ切り敵地での勝ち点1を手に入れた。
 この日オーストラリアと引き分けたことで、日本は2勝1敗1分の勝ち点7。他会場の結果次第で同組3位に浮上する可能性を残した。日本の次戦は11月15日ホームでのサウジアラビア戦となる。
 
不満くすぶるドロー
 試合会場から遠く離れたシドニーでもサムライブルーの勇姿を見ようと市内各地のパブなどには多くの日本人観戦客が集まった。
 クロウズ・ネストの居酒屋Sapporoで試合を観戦したシドニー在住の正憲さん(39)は「勝つ気があったのか、引き分け狙いだったのか」と決め手に欠けた試合展開を嘆いた。
(文・写真=山内亮治)

シドニー北部クロウズ・ネストの「Sapporo Japanese Restaurant」でのライブ・ビューイングに集まったファンたち。大型スクリーンに熱い視線が注がれた

シドニー北部クロウズ・ネストの「Sapporo Japanese Restaurant」でのライブ・ビューイングに集まったファンたち。大型スクリーンに熱い視線が注がれた

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る