安倍首相来豪、訪日旅行の魅力アピール

シドニーの観光セミナーでスピーチ

ヒルトン・ホテル・シドニーでスピーチを行った安倍晋三首相とツーリズムオーストラリア、マネージングディレクターのジョン・オサリバン氏、そして日本政府観光局の松山良一理事長(写真:馬場一哉)

ヒルトン・ホテル・シドニーでスピーチを行った安倍晋三首相とツーリズムオーストラリア、マネージングディレクターのジョン・オサリバン氏、そして日本政府観光局の松山良一理事長(写真:馬場一哉)



 オーストラリアを訪問中の安倍晋三首相は1月14日、シドニー市内のホテルで開催された「日豪観光セミナー」で開会のあいさつを行い、海外旅行先としての日本の魅力をアピールした。

 安倍首相ははじめに「世界的なスキーリゾートとなった北海道のニセコの魅力を全世界に広めてくれたのは、オーストラリアのスキーヤーの皆さんだ」と謝意を表明。「いつの日かターンブル首相と一緒にニセコでスキーを楽しみたい」と述べた。

 また、首相は「日本全国各地の豊かな自然や温泉、地域の食材を生かした和食、暖かな人々とのふれあいが、皆様をお待ちしている」と日本の魅力をアピール。オーストラリアについても「海岸リゾートをはじめとしたダイナミックな自然や先住民文化に触れ、食とワインを楽しむことができる。オーストラリアは日本人を魅了してやまない」と語った。

 その上で首相は、日豪双方向の人的交流を拡大するため、まだ知られていない双方の(観光地としての)魅力の理解と発信に対するさらなる協力をお願いしたい」と呼びかけた。

 セミナーは日本政府観光局(JNTO)と日本旅行業協会(JATA)が開催し、現地の旅行業界関係者らが参加した。オーストラリア人の訪日需要拡大とともに、オーストラリアの日本人観光客市場の活性化についても、両国の専門家が意見を述べた。

スキー客など豪州から45万人訪日

 オーストラリアでは、冬のスキー旅行を中心に訪日需要が順調に拡大している。オーストラリアからの訪日客数は5年連続で20%以上の伸びを続け、2016年の訪日客数は約45万人に達した。カンタス航空と全日空が2015年に相次いで羽田—シドニー線を開設するなど、日豪間の航空座席の供給数が拡大。15年の日豪経済連携協定(EPA)発効を背景に、観光だけではなくビジネス需要も拡大していると見られる。

 一方、オーストラリア観光ブームだった1990年代には約90万人に達した日本人のオーストラリア訪問者数は近年、約3分の1の水準まで落ち込んでいたが、ここにきて復活の兆しが見え始めた。最新の統計はまだ発表されていないが、日本側の観光業界関係者によると16年は40万人以上に達したもようだ。

 首相は同日、日豪のビジネスセミナーでもスピーチを行った。この後、シドニー北部の連邦首相公邸で、マルコム・ターンブル首相と日豪首脳会談を行った。

 安倍首相のオーストラリア訪問は、2014年7月以来2年半ぶり。第2次安倍政権では2回目。フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの4カ国歴訪の一環で、15日朝には次の訪問国インドネシアに向け出発する。

 また同日、安倍首相と共に訪豪した昭恵夫人によるシドニー市内施設への訪問・視察のプログラムも行われた。午前中にシドニー日本人学校、ノースコット障害児支援施設を訪問。同日の午後には王立植物園とNSW州立美術館の2カ所を訪問した。

 昭恵夫人は、王立植物園に到着すると園内入口で出迎えたルーシー・ターンブル夫人と共に、アボリジニーで同植物園職員による民族楽器ディジリドゥ演奏の歓迎を受けた。その後の視察でも昭恵夫人は、職員による園内の植物の説明を熱心に聞き入っていた。

 王立植物園に続き、昭恵夫人はターンブル夫人と共にNSW州立美術館内の視察を行った。同館ではアボリジニー・アート作品の展示と「時間、光、日本 – Time, light, Japan」展を鑑賞。視察の最後には日本人創作集団チーム・ラボの作品「花と人々 — 金色2015」の前で記念撮影が行われるなど、視察は終始和やかな雰囲気で行われた。

NSW州立美術館を視察する昭恵夫人(写真:山内亮治)

NSW州立美術館を視察する婦人(写真:山内亮治)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る