救世軍、豪国内のマルチカルチャー・コミュニティに支援の呼びかけ

salvation-top

写真:Senior spokespeople from MultiConnexions, Ethnic Business Awards, The Salvation Army join Minister Tudge and Ms Sereana Takala

 イギリスに本部を置き、現在、世界128の国と地域で活動する慈善団体サルベーション・アーミー(日本名は救世軍)は4月24日、年に1度のマルチカルチャー・メディア向けのイベントを開催した。

salvation1

写真(左上より時計回りに): Federal Minister for Citizenship and Multicultural Affairs, the Hon Alan Tudge MP, Mr. Joseph Assaf, Chairman of Ethnic Business Awards, The Salvation Army – multicultural launch of the Red Shield Appeal 2018, (L to R) Mr. Joseph Assaf, Chairman of Ethnic Business Awards; Col. Mark Campbell, The Salvation Army; and Ms. Leigh Cleave, Fundraising & Communications Director – ‎The Salvation Army Australia – NSW, Qld & ACT

 イベントでは豪政府のアラン・タッジ市民権多文化主義担当大臣も登壇し「サルベーション・アーミーは、マルチカルチャー・コミュニティも含め更に多くの皆さんからの助けを求めています。私たちはオーストラリアが多国籍国家として世界で最も成功している国であることを誇るとともに、サルベーション・アーミーをはじめさまざまな団体が差別をなくすことに尽力していることを誇りに思っています」と集まったメディアに向けて訴えた。

salvation2

写真(左上より時計回りに): Testimonial speaker Ms Sereana Takala delivered a moving speech, The Salvation Army – multicultural launch of the Red Shield Appeal 2018, The Salvation Army’s communications team and MultiConnexions CEO, Sheba Nandkeolyar, Learn English Through Singing (LETS) Choir from Bankstown Salvation Army

■関連リンク
サルベーション・アーミー・オーストラリア

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る