3月の貿易収支、15億2,700万ドルの黒字

穀物輸出が急増

 モノとサービスの海外との取引の儲けを示す3月の貿易収支は、季節調整値で15億2,700万ドルと前月比で13%増えた。昨年12月に16億3,900万ドルの赤字となった後、3カ月連続で黒字となった。豪統計局(ABS)が3日、発表した。

 輸出は348億4,000万ドルと1%増加した。このうち物品は276億4,200万ドル(2%増)、サービスは71億9,800万ドル(1%増)だった。輸入は333億1,400万ドル(1%増)で、物品は259億1,600万ドル(1%増)、サービスは73億9,700万ドル(1%減)だった。

 商品別では、穀物の輸出が73万5,000ドルと前月比で44%増と大幅に伸びたほか、金も18万2,400万ドルと同8%増加した。

■ソース
5368.0 – International Trade in Goods and Services, Australia, Mar 2018(豪統計局貿易統計)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る