2013年のブリスベン・ガンマン、刺殺事件で逮捕

クイーン・ストリート・モールを恐怖に陥れた男

 2013年にQLD州ブリスベン市都心部で銃を持ってクイーン・ストリート・モールに立て籠もり、何時間にもわたって都心部を空っぽにし、警察隊とにらみ合いを演じた男が今度は刺殺容疑で警察の追跡の末に逮捕された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 7月12日、ブリスベン市北部マランバ・ダウンズの路上に男が倒れているのが発見され、警察の捜査の結果、死体はネーサン・フレーザーさんと判明し、一方、殺害容疑者の追及が始まり、同日中に、リー・マシュー・ヒリアー(39)を重要参考人として探していると発表した。

 ヒリアーは、2013年にブリスベンのクイーン・ストリート・モールで買い物客や周辺事業所の従業員を恐怖に陥れ、警察が周辺から人を避難させる一方で犯人と交渉する大きな事件になった。その事件では、重武装した警察官と90分にわたってにらみ合い、警察官が数発を発射し、致命傷に至らないまま逮捕された。
■ソース
Queen Street Mall gunman in custody over stabbing death at Murrumba Downs

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る