4日間限定! 本場札幌「西山製麺」がシドニーにやって来る

札幌ラーメンの伝統師シドニーへ──シティの人気店ずんどでラーメンを提供

 何とあの西山製麺がシドニーにやって来る! ラーメンに詳しい人であればそれを聞いて胸を躍らせるにちがいない。西山製麺とは札幌ラーメンを象徴する太くてコシのあるちぢれ麺を製造する製麺所で北海道内の名だたるラーメン店にその麺を卸している老舗。西山製麺の麺を使用するラーメン店はのれんに「西山製麺」と記載するほどブランド化しており、その人気は道内だけにとどまらない。例えば東京都内の札幌ラーメンの店ののれんでも同店の名を目にすることができる。西山製麺の作る麺は、まさに札幌ラーメンを象徴すると言っても過言ではなく、その食感、そして他にはない深い風味で長年ファンを魅了してきたわけだが、何とその西山製麺を使った札幌ラーメンを4日間限定ながらシドニーで食べられるのだ。

シティーのずんどで「札幌ラーメンフェア」開催

本場札幌ラーメンをシドニーで味わえる機会はなかなかない
本場札幌ラーメンをシドニーで味わえる機会はなかなかない
西山製麺の「札幌ラーメン伝道師」石田栄さん
西山製麺の「札幌ラーメン伝道師」石田栄さん
石田さんのイメージを模したキャンペーン・ポスター
石田さんのイメージを模したキャンペーン・ポスター

 シドニー、シティーにあるワールド・スクエア内の人気ラーメン店ずんどが西山製麺とコラボレーションすることになった。9月6日(木)~9日(日)の4日間限定(大好評により8日までの3日間限定となりました)で「本場札幌ラーメン・フェア」を開催し、本場の「札幌ラーメン」を提供する。

 フェアでは、札幌ラーメンの伝道師として知られる西山製麺の石田栄さんが来豪し、自ら本場の札幌ラーメンを作り提供する。この期間に使用する麺はすべて札幌から直送する西山生麺で、石田さんが厨房に入り、味噌・醤油・塩(各16ドル)・スパイシー(16.50ドル)の4種類を販売予定だ。

 石田さんは札幌ラーメン普及にかかわる日本国内での数々の活動はもちろん、海外向けでは、北海道フェアの際のラーメン作り、ラーメン店の開業支援(シンガポール、米国、欧州6カ国、アラブ首長国連邦、フィリピンなど)、開業予定者向けの調理実習などを行ってきている「札幌ラーメン伝道師」だ。

 ずんどは2012年開業以来の人気店。シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイド2014ではヌードル・レストランのトップ10入りの実績がある。オーナーの長尾浩樹さんも北海道の旭川出身で、開業前、西山製麺からアドバイスを受けた縁で、このたび、同店でのポップアップイベントが決まった。

 西山製麺株式会社は、本社札幌、昭和28年創業で、27カ国・地域に麺やスープを輸出している北海道の著名企業。ドイツと米国には現地法人を設立している。同社は、札幌市の小学校で利用する社会科副読本に取り上げられており、また、経済産業省の通商白書、ジェトロの月刊誌などにも登場したことがある。オーストラリア向けでは、同社製品がこの7月から、シドニーの東京マートおよび他都市のフジマートの店頭にも並んでいる。

詳細は下記より

■本場札幌ラーメン・フェア in Sydney: https://www.facebook.com/events/516794095409531/
■西山製麺株式会社:https://www.ramen.jp/english/

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る