デイリー氏「議会開会中は完全に禁酒」

6年前に議会内で飲酒疑惑

 NSW州労働党党首に10日就任したデイリー氏は、シドニー南東郊外マルーブラ出身の53歳。税関職員や弁護士、シドニー東部ランドウィック市市長などを経て、05年の州選挙に立候補して初当選した。前労働党政権時代に警察相、金融相、道路相などを歴任。16年から州労働党副党首を務めていた。

 フォリー氏は酒に泥酔して女性記者の身体を触ったと指摘されているが、飲酒をめぐってはデイリー氏にも「前科」がある。12年に議会内で酒を飲んでいたとの疑惑が持ち上がった。

 同氏はこの一件について「私はいい勉強をさせてもらったよ。(議会内で飲酒したという)疑惑の追求から自分を守る唯一の方法は、議会に入る前に一滴も酒を飲まないこと。6年前のあの日以来、議会開会中は完全に禁酒しているんだ」と述べている。

■ABC News
NSW Labor leader Michael Daley challenges Premier to stop mudslinging in Parliament

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る