本田アシストも痛恨の敗戦――シドニーFC対メルボルンV

メルボルンVはシーズン優勝が消滅

本田

本田は攻守に奮闘するも、チームの勝利にはつながらなかった


サッカーAリーグ第24節シドニーFC対メルボルン・ビクトリー(以下、メルボルンV)が4月6日、シドニー・クリケット・グラウンドで行われ、元日本代表・本田圭佑選手を擁するメルボルンVは2-1で敗れた。本田選手はこの試合、右サイドのMFとして先発フル出場を果たし1アシストの活躍を見せるも、チームはシーズン終盤での痛恨の黒星を喫した。

試合は前半、開始早々の6分にシドニーFCがブランドン・オニール選手のゴールで先制。しかし16分、本田選手のスルー・パスに抜け出したコスタ・バルバローシス選手が冷静にゴール・ネットを揺らしメルボルンVが同点に追いつく。前半はそのまま1-1で終了。後半、両チームは何度か決定機を作るも、ゴールは生まれずアディショナル・タイムへ。そのまま引き分けかと思われた直後、シドニーFCのミルコ・ニンコビッチ選手が決勝点を決め、劇的な形でシドニーFCが接戦を制した。

この結果、24節終了時点でメルボルンVの勝ち点は13勝6敗5分の44。なお、翌7日に試合を行った首位パース・グローリーが勝利を収めたことから、レギュラー・シーズン残り3試合で両者の勝ち点は10に広がり、メルボルンVのシーズン優勝の可能性が消滅した。

(取材・文=山内亮治)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る