「Xマスもヒトとウミガメの共存を」

QLD州の海岸はウミガメ産卵時期

 QLD州南部、フレーザー・アイランドに近いバンダバーグでは、海岸に近いモン・レポ・ウミガメ繁殖地周辺でクリスマス・パーティなどで夜通し明るいとウミガメが方向感覚を失う恐れがあるので抑制してほしいと市民に呼びかけている。

 繁殖地を管理しているレンジャーは、「営巣を始めるウミガメは、クリスマスの明かりで方向感覚を失う恐れが強い」と語っており、バンダバーグの関係当局も従来から海岸住民に向けて、「海側から見える光を減らすため、屋外の照明は最小限にしてほしい」と呼びかけてきた。

 キャシー・ガトリー・チーフ・レンジャーは、「陸に明るい光があると、ウミガメはどちらが水平線か分からなくなる。クリスマスにはみんな明るく飾り立てたくなるものだが、早めに明かりを消すことができれば、たとえば午後8時頃には暗くすることができるならそうしてもらいたいと呼びかけている。それなら人もクリスマスを楽しむことができるし、絶滅が危惧されているアカウミガメの保護もできるのではないか」と語っている。(NP)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る