【速報】日本、パレスチナ4点完勝で好発進

 2ゴール目を決めた岡崎慎司(撮影:馬場一哉)

2ゴール目を決めた岡崎慎司(撮影:馬場一哉)

 

サッカー日本代表は、12日、ニューカッスルでパレスチナと対戦。5度目の戴冠を狙う大会を、4-0の完勝で好発進させた。
 
ベスト・メンバーで臨んだ日本は、試合の立ち上がりから優位に試合を進め、8分に遠藤保仁のミドル・シュートで先制。その後も、25分に香川真司が放ったシュート性のボールを岡崎慎司が頭で合わせて2点目。前半終了間際の44分には、エースの本田圭佑がPKを落ち着いて決め、前半を3-0で折り返した。
 
後半に入ってからもペースを落とさない日本は、後半4分にDFの吉田麻也がダメ押しの4点目のゴールを挙げた。その後も日本は、終始優位に試合を進めるも、相手GKの好守などもあり追加点を挙げられずに、そのまま試合終了を迎えた。
 
日本は、この後、ブリスベンでのイラク戦(16日)を戦い、2戦目での予選グループ突破を狙う。
 
(本紙特約記者・植松久隆)
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る