二大スーパー、商品券を肩代わり

ディック・スミス管財人が受取停止で

 管財人の手に渡った電子機器小売りチェーンのディック・スミスは、管財人が、「ギフト・カードの受取り、手付金の返金はしない」と発表している。しかし、ディック・スミス社は、管財人の手に渡る直前までスーパー・マーケット・チェーンのコールズやウールワース、ビッグWでギフト・カードを販売しており、すでに公正取引委員会などが調査を始めている。この騒ぎで、コールズ、ウールワースは、「ギフト・カードの販売代金はすでにディック・スミス社に渡っており、スーパー・マーケットが受け取ったのはごくわずかな手数料しかないが、顧客に対する善意の証しとして、当店でギフト・カードを購入した客に限り、同額のギフト・カードと交換する」と発表した。また、コールズは、ディック・スミス社管財人に宛てて、ギフト・カードの受取り、手付金の返金などをすべきだ」との書簡を送ったことを明らかにしている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 コールズの場合、同額のギフト・カードはコールズでしか使えないが、ウールワースの場合は、同系列小売りチェーン店全店で使える。ただし、ギフト・カードの交換にはそれぞれの店で買ったレシートが必要になる。また、コールズは、「販売代金がすでにディック・スミスに渡っているため、現金の払い戻しはできない」と発表している。

 苦情客がディック・スミス・チェーン店に押しかけたことについて、ディック・スミス社の管理職自身、「ギフト・カードの受取り、手付金の返金はしない」とする管財人の発表に驚き、「ただでさえ逆境にある時にさらにブランドを傷つけるような措置だ」としている。
■ソース
Coles and Woolworths to exchange Dick Smith gift cards bought at supermarkets

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る