「携帯の海外ローミング割引」 テルストラ広告に間違い

割引適用プラン間違いで実際には割引受けられず

 テルストラ社の「海外ローミング通常通話、SMS、データ通信無制限」の広告で携帯電話プランを契約したユーザーは、海外で実際にローミングを利用した場合、海外ローミング特別割引料金を受けられない。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 テルストラ社のiPhone 7 L Planは、同社のウェブサイトに掲載されていた商品で、「含まれているものおよびボーナス」として、「海外ローミング」も記載されていた。その広告によると、「海外旅行中に指定国内から通話する場合、プランには通常通話/SMS、1.5GBデータ通信が含まれており、海外SIMをアクティベートする必要はない」と記載されていた。

 しかし、ユーザーが問い合わせた結果、国際通話ボーナスはオーストラリア国内から指定国への発信にのみ適用されるもので、海外からの発信には適用されないとの説明を受けている。しかも、広告のローミング割引は、iPhone 7 XXL Planにのみ適用され、L Planに適用されるという内容の広告はミスだと説明を受けている。

 テルストラ社の報道担当者は、フェアファクス・メディアに対して、「ごく短期間、広告に間違いがあった。間違いに気づいた後、広告記載内容を訂正しており、また、間違って掲載されていた期間に契約したユーザーには直接連絡している」と伝えている。ただし、そのユーザーに対してどういう措置を取るのかは明らかにされていない。

 しかし、オンラインのテルストラ24×7チャット担当者は、「海外ローミング割引はプランに含まれるものとして水曜日に更新されており、水曜日以前に契約したユーザーには適用されない」とフェアファクス・メディアの記者に説明している。テルストラ社の報道担当者は、「24×7チャット担当者の説明は間違い」と訂正している。

 2015年11月、テルストラ社は、データ通信制限量超過分の料率を300%以上も増額し、指定国での海外ローミング料金も倍増してユーザーからの苦情が殺到した。

 テルストラ社と契約しているユーザーが海外で携帯電話を使う場合、指定国でのみ有効なTravel Passを購入しなければならない。
■ソース
Telstra mobile L Plan ad lists international roaming bonuses that did not apply

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る