クリスマスの売り上げ、昨年超えると期待

全豪小売業者連合会の発表

 クリスマス・イブまでのショッピングと、クリスマスの休日を挟んで12月26日のボクシング・デーは町が再び買い物客でごった返す。小売業界にとっては毎年最大のかき入れ時でもあり、消費者以上に小売業界が期待をかけているが、小売業界団体は、今年もセールスは昨年を上回ると予想している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 全豪小売業者連合会(ARA)では、クリスマスまでの6週間の売り上げが470億ドルに達し、昨年同期を3.6%上回ると予想している。

 ARAのラッセル・ジマーマン専務理事は、「クリスマス前のショッピング・シーズンには小売業界は楽観的になるものだが、今年は467億ドルを予想しており、昨年の451億3,700万ドルを上回るだろう」と分析している。

 小売業評議会(RC)のアンナ・マクフィーCEOは、「小売部門の数字は経済、小売業界、消費者の誰にとっても明るい知らせだ。消費者景況感は昨年より10%高まっており、政策金利は記録的な低さ、失業率も下がりつつある。小売業界にとっても経済全体にとっても非常に大切な弾みがついていると言える。全体的な状況は、2月にオーストラリア統計局(ABS)が詳細なデータを発表すれば全体的な像がはっきりしてくると思う」と語っている。
■ソース
Christmas sales figures expected to be up from last year, Australian Retailer’s Association says

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る