今年もタムワースでゴールデン・ギター

キャッサー=デイリーの独り占め同然

 1月24日、恒例タムワースのカントリー・ミュージック・フェスティバルのゴールデン・ギター大賞が発表された。今年は、トロイ・キャッサー=デイリーさんの一人勝ち同然の結果になった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 今年、50年前にアボリジニの権利のために戦い、共感する人々と共にNSW州北部一帯をバスで回ったチャールズ・パーキンス氏を歌った「Freedom Ride」で、「シングル大賞」と「歌謡大賞」キャッサー=デイリーさんはタムワースのフェスティバル初参加以来35年になる。その他にも同じ歌で、「文化遺産歌謡大賞」と「APRA AMCOS歌謡大賞」を受けた。この歌はポール・ケリーさんとの共同作品で、キャッサー=デイリーさんは、「パーキンスの話を3分半にまとめるのはすごい仕事だった」と語っており、ケリーさんは、「トロイと一緒に歌を作るのは簡単だ。彼は電話をかけてきて、歌のアイデアがあるのだが、こちらに来れるか?と言う、行ってみるとあらかたできあがっている。彼は単にスパゲティをゆでたり、ワインの瓶を開けて、一緒に紅茶を飲む相手が必要なだけだ。実際にはところどころちょっと手を入れて、それでできあがりというわけだ」と語っている。キャッサー=デイリーさんは、「男性歌手賞」と「アルバム大賞」も手にした。

 他の大賞には、「オルタナティブ・カントリー・アルバム」がシェーン・ニコルソンに、「女性歌手賞」がキャサリン・ブリットに、「グループ・デュオ」がアダム・エカースリー・バンドに、「ボーカル・コラボレーション」がリー・カーナハンとスピリット・オブ・ザ・アンザックスに、「ブッシュ・バラッド」がアラン・キャスウェルとマンフレッド・ビジャーズに、「ビデオ・クリップ」がカーナハンとスピリット・オブ・ザ・アンザックスに、「アルバム・ベスト・セラー」がカーナハンとスピリット・オブ・ザ・アンザックスに、「器楽」と「ブルーグラス・レコーディング」がピート・デナヒーに贈られている。デナヒーさんは日本人の母親のもとに生まれた。
■ソース
Golden Guitars: Troy Cassar-Daley sweeps country music awards in Tamworth

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る