ジェリー・ルイス、オーストラリア勲章

筋ジストロフィー慈善活動を顕彰

 アメリカのコメディアン・俳優のジェリー・ルイス氏が、筋ジストロフィー慈善活動を認められ、オーストラリア勲章名誉受勲が決まった。

 ルイス氏は筋ジストロフィー研究のために26億ドルを集め、また、この疾患の認識普及に努めてきたことを顕彰されたもの。

 オーストラリア勲章を受けたルイス氏は、「非常な名誉だ。オーストラリアはアメリカに次いで好きな国だ」と語っている。また、なぜオーストラリアがルイス氏にオーストラリア勲章を授けたのかと質問されると、「私の善良で面白い仕事が認められた」と答えている。

 授章式は、ラスベガスで開かれ、キム・ビーズリー駐米豪大使が勲章を授けた。また、「オーストラリア国民は、ルイス氏について筋ジストロフィー患者への貢献よりもコメディアンとしてよく知っているはずだ。私より20歳年上の人々、20歳年下の人々、その間の年齢層、この3世代は今日の授章がルイス氏のコメディアン・俳優としての業績に与えられたものと思うかも知れない」と語っている。

 また、「ルイス氏の様々な慈善プログラム、特にテレソンなどでこれまでに26億ドルの寄金が集められた。信じられないような業績だ」と語っている。

 ルイス氏は1950年代以来筋ジストロフィー研究への募金活動を支持してきており、アメリカ国内では40年にわたって全国テレソンのホストを務め、さらに2009年以来、オーストラリア筋ジストロフィー財団の国際パトロンを務めている。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-08-30/jerry-lewis-made-honorary-member-of-the-order-of-australia/5707920

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る