ゴールデン・ギター大賞、今年も発表

タムワースのミュージック・フェスティバル

 1972年にNSW州北部内陸のタムワースの町で地元ラジオ放送局が「町おこし」の試みとして始めたカントリー・ミュージック・フェスティバルは今年で43年になる。その間に大勢の有名カントリー・シンガーを送り出してきた。このフェスティバルでは、国道沿いに建てられた巨大な黄金色のギターや、ゴールデン・ギター大賞が売りになっている。今年も1月24日土曜日に大賞受賞者が発表された。

 今年はルーク・オシェイがゴールデン・ギター3本を手に入れた。そのうち1本は3年連続のヘリテージ・ソング大賞。また、最優秀男声大賞、第一次世界大戦で戦死した若者を歌った「Three Brothers (The Great War)」でAPRA大賞を受賞した。オシェイは、「今から考えれば、大勢の若者の命がムダに失われた。とてつもない悲劇だ」と受賞の言葉を語った。

 最優秀女声大賞は、4枚目のアルバム「Superheroes」で初めてのゴールデン・ギター大賞を受賞したアンバー・ローレンスが獲得した。他の受賞者には、アルバム「Bittersweet」でアルバム大賞を受賞したケーシー・チェンバーズ、「Heart of Sorrow」でオルタナティブ・カントリー・アルバム大賞を受賞したリン・ボウテル、デュオ/グループ大賞のマクリモンツ、さらにボーカル・コラボレーション大賞は、「My Country My Land」のディーン・ペレットとトニー・キャサー=デーリー、ブッシュ/バラッド大賞は、ディーン・ペレットの「Bloodwood and Clover」に、器楽大賞はマスタード・カレッジの「Candle Creek」に、ブルーグラス/レコーディング大賞は、「One Heartbreak Away」のクリスティ・コックスに、新タレント大賞は、アダム・エカースリー・バンドに、ビデオ・クリップ大賞は「Canoe」のセーラ・ストーラー、シングル大賞は、「Bittersweet」のケーシー・チェンバーズとバーナード・ファニングに贈られた。
■ソース
Golden Guitars: Luke O’Shea, Kasey Chambers and The McClymonts among the winners at the country music awards

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る