ノーフォーク島の小説家、マカラック死去

「ソーン・バーズ」で世界的な作家に

 オーストラリアを代表する小説家の一人、コリーン・マカラック氏がノーフォーク島の病院で死去したことが伝えられている。77歳。

 マッカラはNSW州のウエリントンで生まれ、シドニーで幼少時代を過ごした。母親はニュージーランドのマオリを先祖に持ち、父親はアイルランドからの移民でNSW州北部やQLD州のサトウキビ刈りなどの出稼ぎで家族とはほとんど一緒に過ごさなかった。学校はウラーラのホーリー・クロス・カレッジに学び、シドニー大学では医学を学んだ。ロイヤル・ノース・ショア病院で神経科学者として働き、イェール・メディカル・スクールでは10年間研究者として勤めた。その間に初めての小説、「Tim」と書き上げ、1974年に出版された。

 その後、オーストラリア僻地の羊牧場を舞台にした「Thorn Birds」を書いて一躍世界的なベストセラーになった。この小説のペーパーバック出版権は当時としては記録的な190万ドルという額で、これを原作として、リチャード・チェンバレンとレイチェル・ウォードの主演でミニシリーズ化された。本は世界で3,000万部が売れた。

 その後、ノーフォーク島に移り、リック・ロビンソン氏と出会い、結婚している。「Tim」の映画化はメル・ギブソン主演で1979年に封切られ、さらに1984年にはウェズリー・ウォルターズ筆のコリーン・マカラック氏の肖像画がシドニーのアーチボルド大賞の最終選考まで残った。

 また、7冊からなる歴史文学「Masters of Rome」は、ボブ・カー、ヘンリー・キッシンジャー、ニュート・ギングリッチらの賞賛を浴びたとされている。また、オーストラリア勲章(Order of Australia)も受けている。
 近年、マカラック氏は病弱になり、失明した他関節炎も進行していた。
■ソース
Colleen McCullough: Internationally acclaimed Australian author dies aged 77

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る