カンタス航空747ジャンボ・ジェット退役

余生をウロンゴン航空博物館で

 カンタス航空最古の現役機だったボーイング747-400型機「シティ・オブ・キャンベラ」号が退役し、余生を過ごすため、ウロンゴンのイラワラ空港に降り立った。同社最古の機体が、世界初の同型機公開展示機になると報道されている。

 3月8日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 同機は就役25年で役目を終えたもので、航空博物館のあるイラワラ地域空港にとっては通常は離着陸しないジャンボ・ジェットが降り立つという歴史的なできごとになり、博物館にとっても最大の呼び物になる。この日、シドニー空港を飛び立った同機は、普段より低速で4,000フィート、約1,200mという低空でウロンゴン空港に向かい、15分でウロンゴンに到着した。「シティ・オブ・キャンベラ」の着陸には何千人もの市民が空港周辺を取り巻き、巨大な機体の着陸を見守り、シドニー空港の滑走路の半分以下という1,800mの滑走路に無事着陸すると拍手喝采がわいた。同空港の滑走路は幅が30mしかなく、それに対してジャンボジェットの全幅は64mにもなり、外側の2基のエンジンが滑走路両脇にかかった。

 定位置に停まった同機からグレッグ・マシューズ機長が降り立ち、同機の鍵を歴史航空機修復協会のボブ・デラ・ハンティ会長に手渡した。同協会は、国内最大のコレクションを持ち、かつてのカンタス航空一線機、ロッキードのスーパー・コンステレーション機など、動態・静態保存の機体が数多く陳列されている。マシューズ機長は、「センチメンタルな気持ちもあるが、ここの博物館でなら、機体もボランティア達のおかげで十分世話してもらえることと信じている」と語っている。

 現役時代に合計8,500万キロを飛んだ「シティ・オブ・キャンベラ」号は、1989年にロンドンからシドニーまで無着陸営業飛行最長記録を樹立しており、その際に同機を操縦した4人のパイロットのうち、ロブ・グリーノプ氏は、「アメリカの砂漠にある飛行機の墓場に送られなくてうれしい」と語っている。また最後の営業飛行は2015年1月、南アフリカのヨハネスブルクからシドニーまでで、さよなら飛行に乗務した全員が機内の壁にサインしている。
■ソース
Qantas retires its oldest aircraft, the City of Canberra 747-400, to Wollongong aviation museum

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る