1980年代人気テレビドラマ女優逮捕

未成年女子性的暴行容疑

 1980年代テレビ・ドラマ「Prisoner」の人気女優、マギー・カークパトリックがシドニーの自宅でVIC州警察官に逮捕された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 児童性虐待に対する団体の対応を調査している特別調査委員会は、現在、「エホバの証人」と「芸能界」を対象に調査を進めている。その委員会の調査進行に合わせて、カークパトリック容疑者の逮捕状が執行されたもので、警察は、「74歳の容疑者は、16歳未満の児童に対する2件の性的暴行、1件のわいせつ行為で逮捕された」と発表している。8月19日にメルボルン簡裁で罪状認否が行われる。

 ニューズ・コープ系メディアは、「容疑者は容疑を否認しており、『このばかげた容疑を却下してもらうために裁判に行かなければならない。私に容疑がかけられているのは事実だが、容疑が真実か? まったくの嘘だ』と語った」と報道している。

 カークパトリック容疑者は、NSW州出身。19歳でシェークスピア劇に出演し、その後、出産のために舞台から離れ、その後再び演劇に復帰し、1980年代の「Prisoner」では看守役を演じた。また、ミュージカル「Wicked」では、マダム・モリブルを演じた他、「Home and Away」、「All Saints」、「Water Rats」、「Blue Heelers」などのテレビ番組にも出演した。

 特別調査委員会は6月から芸能界での児童性虐待を取り上げており、フィリップ・リード調査委員長名で、「芸能界で児童性虐待の被害を受けた者、情報を持っている者は委員会に知らせてもらいたい」と呼びかけている。

 「Prisoner」で共演したベティ・ボビットさんは、「ニュースに驚いた。とても信じられない。彼女は絶対無実だ」と語っている。
■ソース
Maggie Kirkpatrick, star of Prisoner, charged with child sex offences by Victoria police

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る