20年前のWA州連続殺人事件で容疑者逮捕起訴

豪史最長最高費用の警察の捜査の末

 1996年から1997年にかけての14か月の間にパース市高級住宅地クレアモントの女性3人が失踪した事件で3人はすでに死亡が確定しており、容疑者の追及が続けられていた。

 12月23日のABC放送(電子版)は、3人のうち、ジェーン・リマーさん(当時23)、キアラ・グレノンさん(当時27)の誘拐殺害容疑者としてブラッドリー・ロバート・エドワーズ(48)が逮捕起訴されたと伝えている。

 3人目のセーラ・スピアーズさんについては未だに遺体が見つかっていない。23日朝、パース簡裁に出廷したエドワーズはまったく表情を表さなかったと伝えられており、弁護士は、「依頼人は起訴理由を理解している。現在は勾留中で1月11日に再出廷する」と語った。

 リマーさんは1996年のある夜、友人と外出したまま消息を絶ち、同年8月3日にウェラードの林で死体となって発見された。また、グレノンさんは1997年3月14日夜に外出したまま消息を絶った。その後、エグリントンの林で遺体が発見された。

 1996年1月27日、ティーンネージャのスピアーズさんは、クレアモントのクラブ・ベイ・ビューを出たまま消息を絶った。遺体は発見されていない。

エドワーズ容疑者は、2件の逮捕監禁罪、2件の暴行強姦罪、1件の空き巣、1件の性的暴行でも起訴されており、WA州警察のカール・オキャラハン長官は、「容疑は、1995年に公園を歩いていた17歳の少女を誘拐、近くの墓地に連れ込み、性的暴行を加えた容疑、1988年に18歳の女性の寝室に忍び込み、眠っていた被害者に性的暴行を加えようとし、抵抗されたため逃走した事件でも起訴されている」と語った。

 また、「20年にわたる捜査はWA州でも最大だ。スピアーズさん失踪事件については現在も捜査を進めており、他にもまだ捜査中の事件がある。この一連の事件では20年を超える歳月に100人を超える警察官が捜査を行ってきた。しかし、WA州警察は決してあきらめない。これら一連の事件の被害者やその家族には、捜査中の忍耐と理解に厚く礼を述べたい」と語った。

 また、コリン・バーネット州首相も、「残酷な殺人事件はパース市民の心に暗い影を落とした。容疑者逮捕起訴に持ち込んだ捜査員の努力に深く感謝する」と語った。
Claremont serial killings: Bradley Robert Edwards charged with murders of Jane Rimmer, Ciara Glennon

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る