SA、スマートウォッチのデータから殺人容疑者逮捕

被害者の義理の娘の証言がデータと大きく矛盾

 SA州アデレードの裁判所で開かれている殺人事件裁判で、被害者の女性が着けていたアップルのスマートウォッチのデータを警察が分析した結果、第一発見者の義理の娘の証言と大きく矛盾していたとの検事側の陳述があった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2016年9月、アデレード市北東のバレー・ビュー地区バンベリー・テラスの民家の洗濯室でマーナ・ニルソンさん(57)が死体で発見された。被害者はかなりの暴力をふるわれた形跡があった。

 事件の第一発見者で、被害者の義理の娘、キャロリン・デラ・ローズ・ニルソン被告人(26)は、「義母は複数の男達に後をつけられたと証言していた。一方、隣人は、「午後10時10分頃、キャロリンが猿ぐつわをかまされ、ショックを受けた様子で家から出てきたため、警察を呼んだ」と証言している。

 事件直後からキャロリンが容疑者になっていたが、被害者のスマートウォッチのデータの解析から2018年3月初めになってようやくキャロリン逮捕、起訴にこぎ着けた。

 キャロリンは、「小型トラックに乗った複数の男達が被害者を襲ったことになっており、被害者と男達は20分間ほど戸外で口論していた。しかし、自分は台所にいて、扉も閉まっていたため、被害者が襲われた音は聞かなかった。その後、自分もさるぐつわをかまされるなどした」と証言している。

 カーメン・マテオ検事は、「アップルのiWatchのデータで被告人の偽証が明らかにされている。被害者の脈拍などのデータによると被害者が襲われたのは午後6時30分。その後の脈拍などの変化は身体がショック状態になり、気を失ったことを示している。襲撃は午後6時38分に起きており、6時45分に脈拍が停止している。被告人の証言によると、男達と義母の口論は約20分間続いている。また、男達は屋内に入ってきたと証言しているが、屋内でDNA検査をしたが男達が入ってきた形跡はなかった。また、被告人は、男達が立ち去った後、すぐに助けを求めに出たと証言しているが、それは午後10時をはるかに過ぎていた。アップルiWatchの証拠を認めた場合、3時間以上の開きがある。しかし、被告人が、義母を襲って殺害し、この3時間の間に証拠を隠滅しようとしたと考えると説明がつく。また、隣人は、被告人宅周辺で事件が起きたとされる時刻に小型トラックの姿を見ていないと証言している」と述べた。

 オリバー・ケイン簡裁判事は、「事件の重大さと容疑の強さを考慮」し、保釈を拒否した。
■ソース
Smartwatch data helped police make arrest in Adelaide murder case, court hears

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る