ミアーズ、飲酒運転で罰金と免停

賭博富豪パッカー氏の元妻

 メディア富豪から賭博富豪に転身したジェームズ・パッカー氏の元妻でファッション・デザイナーのジョディ・ミアーズが飲酒運転で検挙され、罰金と免停の処分を受けた。

 8月20日、ウエーバリー地裁の判決で罰金$1,100、免停12か月を言い渡されている。

 ミアーズは今年6月にシドニー東郊ベルビュー・ヒルズでレンジ・ローバーを運転中に停車中の車3台に衝突、駆けつけた警察官の呼気検査で限度量をはるかに超える血中アルコール濃度が検出された。

 20日の法廷ではミアーズは飲酒運転有罪を認め、代わりに免停中の運転に関連する2件の容疑については検事側が取り下げた。

 ミアーズの弁護人、クリス・マーフィー弁護士は、「事故以来、依頼人はメディアの注目を浴びており、現在は自分の住宅に閉じこもったままで医師が往診に訪れ鎮静剤を打つ毎日。また、今週にはGPから不安症を抑える薬剤の処方も受けている」と陳述した。

 さらに、「2年半続いたパッカーとの結婚の記憶にも悩まされている。依頼人はセレブリティではなく、普通の女性。善良な人物に過ぎない。しかし、自分のアパートに閉じこもり、外出も怖れている。自分の行動で過大な罰を受けている。今朝も私が彼女のアパートを訪れて連れてこなければならなかった。オーストラリアではまともに暮らすこともできないから、外国に行くよう勧めている」と陳述している。

 また、「事故当時、1時間半のヨガの後、赤ワインを5杯近くも飲んでいた。しかし、事件後はたった一人の女性に対して苛酷なメディアが執拗な追い打ちを続けてきた」と陳述している。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-08-20/jodhi-meares-fined-and-licence-suspended-over-drink-driving/5683540

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る