パーマー連邦議員のメディア顧問逮捕

インドネシアでNAB役員誘拐容疑など

 12月19日、QLD州の鉱山富豪で奇行を知られるクライブ・パーマー連邦議会下院議員のメディア顧問が、インドネシアの島でのナショナル・オーストラリア銀行役員誘拐などの容疑でQLD州警察に逮捕されるという事件が報道されている。パーマー氏は「警察の行為は政治的意図」と声明している。

 逮捕されたのはアンドリュー・クルック容疑者で、QLD州警察の反バイキー・タスクフォースの捜査員は同じ事件の捜査で、ゴールド・コーストの元上級警察官の私立探偵、ミック・フェザーストン容疑者も逮捕した。フェザーストン容疑者は、マネー・ロンダリングと警察官腐敗問題で同州の犯罪腐敗調査委員会が長年にわたって調査を進めてきた。さらに、元AFLシドニー・スワン・プレヤーで現在はバリに居住する不動産富豪、トニー・スミスの逮捕令状も発行している。

 クルック、フェザーストン両容疑者はブリスベンとゴールド・コーストでの家宅捜索で逮捕、クルック容疑者の場合には警察官がブリスベン都心部の事務所に連行し、さらに家宅捜索を続けた。ABCの報道によると、QLD州警察は、「2013年1月、クルックとスミス両容疑者は、スミス容疑者が関与した7,000万ドルの民事訴訟で証人に対して暴力をちらつかせるなどして証言を取り消すよう脅迫した」と発表している。警察は、「2人は、NAB役員の証人を、クライブ・パーマー氏からの雇用の申し出を口実にシンガポール、さらにインドネシアのバタン島におびき出し、バタン島で監禁、脅迫した。ただし、パーマー氏自身はこの事件に関わっておらず、また何の知識もなかった」と発表している。

 この逮捕に対して、パーマー氏は、「警察の行動は政治的動機に基づく行為だ。キャンベル・ニューマン州政権もトニー・アボット連邦政権も野党を煙たがっている。今日という日はオーストラリアにとって暗黒の日だ」と声明している。パーマー氏は政界入り以来クルック容疑者をメディア顧問にしており、一方。スミス容疑者はAFL引退後は観光産業で富を積んだ。2009年、スミス氏はNABに対して世界金融危機の際に7,000万ドルの損害を与えたとして民事訴訟を起こした。
■ソース
Clive Palmer media adviser Andrew Crook arrested in Brisbane over alleged kidnap of National Australia Bank executive

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る